2020/11/30 16:23:16

0

エンタメ

男の子が鼻の中にコインを入れ取れなくなる 53年ぶりに取り出しに成功


FANZA 在宅応援の10円セール開催中第2弾は22日~29日まで


53年ぶりに取り出したコイン

ロシアの身元が明かされていない59歳の男性が、6歳の頃に鼻にコインを入れたが取り出せず、しかもそのことを母親にも相談出来なかった。

母親に相談すると激怒されると思った男性はコインを鼻の中に入れたまま放置した。

それから50年あまりが過ぎ、男性は突如呼吸困難となり病院に行きスキャンをしたところ、鼻腔部分にとんでもない物が発見された。

それは6歳の時に入れたコインだった。コインの周囲ににはゼオライト(沸石/鼻石)がびっしりとこびりつき男性の呼吸を妨害していた。

医療スタッフは、53年ぶりに内視鏡を用いて手術をおこない男性の鼻からコインを取り出した。

53年前、当時1ペニー(約2円)程度の価値があったが、コインは1991年にソ連崩壊後、ロシアでの使用が中断された。

ソ連の象徴である鎌と槌はコインの表面から消えていたという。

手術を執刀した耳鼻咽喉科専門医エレナ·ネプリャチナは「彼は手術3日後に退院し、完全な呼吸を取り戻した」と明らかにした。


コメントする(匿名可)




誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"中国がキムチを「国際標準」に登録したことに対し韓国政府が声明
ヴィーガンが牛の命を大切にしろとシャツを販売 案の定大荒れ

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"中国がキムチを「国際標準」に登録したことに対し韓国政府が声明
ヴィーガンが牛の命を大切にしろとシャツを販売 案の定大荒れ