2020/12/02 10:30:35

1

エンタメ

ドイツ、ベルリンに置かれた慰安婦像 一時は撤去命令が出されるも保存案が決議される


FANZA 在宅応援の10円セール開催中第一弾は22日まで


ベルリン市ミッテ区

ドイツのベルリン市ミッテ区に設置された慰安婦像(平和の少女像)、一時期は撤去命令が下されたが、現地の反発により撤去は保留、更にはミッテ区議会決議案にて保存案が決議された。

2020年12月1日、ミッテ区議会は全体会議を開き「平和の少女像永久設置」決議案を議決した。この決議案では平和の少女像がミッテ区に引き続き設置可能な案の内容を盛り込んでいる。
区議員29人が参加した採決には賛成票24票、反対票5票が出た。決議案には、平和の少女像に対する撤去命令を撤回し、当初来年8月14日だった設置期限を来年9月末まで6週間延長する内容と、永久設置も可能にするための策を講じることを盛りこんでいる。

フランク・ウェルテルマン議長は評決後、「性暴力の犠牲者を追悼する平和の少女像保存のための決議案が多数決で議決された」と述べた。ティルヒス左派党区議員は議案説明で「平和の少女像は第二次世界大戦中の韓国女性に対する日本軍の性的暴力という具体的な歴史的事実に基づいている」と述べた。
また「戦争や軍事紛争における性暴力は、一過性の問題ではなく、構造的な問題であり、根本的に阻止しなければならない。平和の少女像は、まさにその象徴だ」と述べた。

同日、ミッテ区議会の前では韓国人やドイツ人30人あまりが少女像の永久設置のためのろうそく集会を開いた。参加者たちはアリランを歌いながら、少女像が永遠にミッテ区に存置されなければならないと促した。

この少女像が設置された経緯を簡単に説明すると、ドイツ市民団体コリア協議会はミッテ区役所の許可を得て9月28日に人通りの多い場所に少女像を設置した。昨年7月、ミッテ区役所は少女像が国際的な戦争で被害女性の人権を扱うという点で設置を許可した。

しかし9日後の10月7日、ミッテ区役所は「14日までに自ら撤去しなければ強制的に少女像を撤去する」とコリア協議会に通報した。茂木俊光外相がドイツ政府に抗議したのをはじめ、日本側が全方位外交戦を繰り広げた結果だった。 ミッテ区庁は撤去命令を下した根拠として、少女像に刻まれた碑文が日本を刺激し、ドイツ·日本間の外交関係を害するという点を挙げた。

関連:慰安婦ゲームがついに発売 慰安婦が1992年と1945年を行き来し未然に防ぐ内容 Steamでも1日より販売開始


ベルリン市ミッテ区


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"企業アナリスト「日本の初任給が20年近く変わってないのはデマ!」→事実は……
ユタ州の次はルーマニアでモノリスが発見される! 今回も誰が設置したのか不明で警察が調査中

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「ドイツ、ベルリンに置かれた慰安婦像 一時は撤去命令が出されるも保存案が決議される」への1件のフィードバック

  1. 名無しの日本人 より:

    日本政府は少女像の由来をドイツに伝えたのだろうか、そしてユン・ミヒャンがイ・ヨンスとの銭が絡む醜い争いからイ・ヨンスが偽者慰安婦だと証明したこと、イ・ヨンスは反米運動の旗手であること、何回も謝罪し10億円を捏造と分かりながら賠償したこと、少女像のことを米国に伝えたのかということ日本もユダヤ人迫害の写真展会場を作らねばならなくなるということ等々確りとドイツに伝えた方がいい、ライダイハン像も韓国大使館前に建てて国交断絶しなければならない。
    米国の韓国にたいする態度が変わった今が良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"企業アナリスト「日本の初任給が20年近く変わってないのはデマ!」→事実は……
ユタ州の次はルーマニアでモノリスが発見される! 今回も誰が設置したのか不明で警察が調査中