2020/12/21 18:01:34

0

エンタメ

家に飾ってあるクリスマスツリーにアライグマが? 犬が発見し騒動に



アライグマ

アメリカの一般家庭のクリスマスツリーからアライグマが飛び出してきた。フロリダ州のある家庭にアライグマが忍び込んで騒ぎが起きた話題になっている。

フロリダ州に住むオーブリー・アイコベリーさんは10日の早朝4時15分ごろ、ペットの犬が吠える鳴き声で目が覚めた。彼女は「外に出て電気を点けてみると、愛犬がクリスマスツリーに向かってほえていた」と明らかにした。犬のほえる所をよく見ると、小さな毛玉がうずくまっているのが見えた。

猫だろうと思っていたアイコベリーさんは、片手にフライパンを握って、慎重にツリーに近づいた。彼女は「動物にけがをさせるつもりはなかった。家の外に早く追い出したい気持ちだけだった」と話した。

しかし、木の枝を探せば探すほど、小さな毛玉は深くに隠れてしまった。その後も身を隠し続けその後、窮地に追い込まれた小さな毛玉がいきなり飛び出した。

ツリーの外に姿を現した小さな毛玉は、ほかでもないアライグマだった。アイコベリーさんは驚いて飛び上がり、飼い犬はアライグマと取っ組み合いをした。その勢いでリビングはめちゃくちゃになってしまった。アライグマは電灯を掴み登っていき30分もその場に居た。その後も左右に揺れる電灯をしっかりつかんで降りてこようとしなかった。

結局このやりとりは、アライグマがこの家に侵入してきた小さなドアから、再び出て行き終結した。アイコベリーさんは「1時間経ってアライグマが出て行った。犬が出入りしやすいようにした小さなドアから入ってきたようだ」と説明した。また「今は面白いが、その時は本当に驚いた」と付け加えた。

動画は下記より閲覧してほしい。

関連:クリスマスツリーにコアラがくっついていた珍事! 救助隊が救出する騒動に


アライグマ

アライグマ


プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"パクリ騒動の「G&R」 ローランドに続いてガクトも謝罪 「デイジー社は多くの信用を失った、見守って行きたい」
コロナ陽性判定を隠して飛行機に搭乗 機内で呼吸困難になり死亡してしまう 「どうしても旅行したいんじゃ」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"パクリ騒動の「G&R」 ローランドに続いてガクトも謝罪 「デイジー社は多くの信用を失った、見守って行きたい」
コロナ陽性判定を隠して飛行機に搭乗 機内で呼吸困難になり死亡してしまう 「どうしても旅行したいんじゃ」
//valuecommerce //popin //popin amp