中国が座りやすいスマートクッションを開発 実は勤務態度や時間を監視する物だった


FANZA 在宅応援の10円セール開催中第2弾は22日~29日まで


スマートクッション

中国のIT企業が座り心地に特化したスマートクッションを開発した。

既に従業員らにこのスマートクッションを与え使用させているというが、実はこのスマートクッションは座り心地なんか二の次で、本来の目的は勤務態度や勤務時間、座っている時間を監視するものだった。

杭州の企業が開発したこのスマートクッションが監視出来るのは、心拍数、座った姿勢、座った時間をリアルタイムに計測しアプリで全て監視可能。

無駄に席から立つと人事から「何故朝の10時から10時半まで席を外していたのか? ボーナスカットされる可能性があるので注意しろ」と言われたという。また利用者が長い時間全く動かない場合はアラームまで鳴る仕様になっている。スマートクッションを開発した会社は、昨年3月にアリババグループ出身のエンジニアにより設立された。

スマートクッションが中国のネット上に公開されると「監視クッション」、「奴隷クッション」、「共産党クッション」、「刑務所クッション」などと揶揄された。

このスマートクッションが炎上すると自社が開発したスマートクッションを従業員を通じてテストしようとしただけで、従業員を不法に監視しようという意図はなかったと釈明した。しかし従業員側は「事前に従業員に製品の説明やテスト情報はなかったので、会社側の解明は、説得力が落ちる」とした。

過去、別の清掃会社では2019年にスマートブレスレットを支給し、位置情報を監視していた。清掃員が20分間同じ場所にとどまり休むと警報を鳴らすようになっていた。


スマートクッション

ソース


コメントする(匿名可)




誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"人肉クッキーを作った81歳の殺人鬼おばあちゃん 裁判前にコロナで死亡
コロナ禍で外国語教室に行きづらい? そんなときにお薦めなアプリが『Duolingo』

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"人肉クッキーを作った81歳の殺人鬼おばあちゃん 裁判前にコロナで死亡
コロナ禍で外国語教室に行きづらい? そんなときにお薦めなアプリが『Duolingo』