2021/01/21 11:16:28

0

エンタメ

マスクすると呼吸しづらく熱い そんな不快感を改善したアイテム『マスクポン』が販売開始



マスクポン

マスクをするとどうしても口と鼻が塞がれ呼吸がしづらくなり、更に場所によっては熱くなってしまう。
混雑している電車の中で熱くても外すわけにはいかず、息が苦しくても鼻を出すわけにもいかない。更に会話していても声が籠もって聞き取りづらいなどという不便さもある。

そんなときに少しでもストレスを軽減するアイテム『マスクポン』が登場。

使い方は簡単で、普段使っているマスクのしたにこの『マスクポン』をはめるだけ。これを付けることにより顔をマスクの間に空間ができるので、息もしやすくなり、熱さからも解放される。

大きさはSサイズとLサイズの3種類があり、Sサイズが6グラム、Mサイズが8グラム、Lサイズが10グラムと非常に軽い。素材はLDPE(低密度ポリエチレン)を使用し、耐久性にも優れている。

お手入れ方法も簡単で、ウェットティッシュで拭き取るか、水またはぬるま湯で軽く洗って繰り返しの利用が可能。

・実際に使用してみた

実際にこの『マスクポン』を使用してみたところ、意外なほどフィット。当然であるが外から見た感じ違和感は無い。
肝心の息苦しさや声の籠もりも改善され、普通に話しているときとほぼ同じ状態だった。これは今後マストアイテムになりそうだ。

1つ購入すると3枚入っているので1枚をローテーションでなく、3枚をローテーションすれば良いだろう。

サイズは下記の通りで私が使ったのはMサイズ。普通の成人男性ならMサイズで十分なはず。
なおこの『マスクポン』にはマスクは付属していないので注意。

子供用サイズ(Sサイズ):W89×H88×37mm
ふつうサイズ(Mサイズ):W101×H99×41mm
おおきめサイズ(Lサイズ):W113×H109×44mm


マスクポン

マスクポン

マスクポン


プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"南アフリカで発見された変異コロナ 新型コロナウィルスワクチンが無効という研究結果
2020年の問題作『ファイナルソード』が「DefinitiveEdition」となって再販開始

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"南アフリカで発見された変異コロナ 新型コロナウィルスワクチンが無効という研究結果
2020年の問題作『ファイナルソード』が「DefinitiveEdition」となって再販開始
//valuecommerce //popin //popin amp