2021/01/26 17:02:59

0

エンタメ

中国北京 入国する際にコロナ検査のため肛門まで強制的に調べられるという苦情が相次ぐ



お尻

中国北京に入国する際に、コロナ検査のため肛門検査を強要されたという苦情が相次いでいる。

今月初めに北京に入国した人物が空港に到着後、指定のホテルに隔離されたあと強制的に肛門検査の実施の通知を受けたという。その後、肛門検査専門要員が現れ「みんなズボンとパンツをおろすように」と指示。

もちろん若い女性や子供も例外ではなく、みんな一緒にズボンとパンツをおろさなくてはいけなかった。
その後検査要員がひとりひとり肛門を器具を入れるなどして検査していくという。検査が終わるまでズボンとパンツをあげることは出来ない。
当然ならがズボンとパンツを脱いでいるので、肛門だけでなく大事な部分も見られてしまうという恥ずかしさもあるだろう。

さらに驚いたのは、同じホテルで隔離中だった中国人は肛門検査の通知にも特に反応がなかったという点だ。幸い、この人物はは中国駐在韓国大使館に助けを要請して、肛門検査ではなく便の提出検査により肛門検査を免れたという。

中国保健専門家らは肛門・便検査が通常の検査より精度が高いと主張している。無症候感染者や軽症感染者は回復が早く、口腔検査で陽性が現れない場合が多いが、肛門と糞便検査は精度がはるかに高いため、感染者検出率を高めることができるという。

ただこの検査を受けた人は「人権侵害」だとしており、個人の人権と自由よりも共産党の政策が優先される中国では、人権侵害の余地がある肛門検査はとくに問題になっていない。そのため中国人も肛門検査の通知になんら抵抗が無かったのだろう。この検査を引き続き外国人に強要するのは問題があるのではないかという主張が提起されている。


コメントする(匿名可)


ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"中国武漢のナイトクラブ マスク無しで大盛況
新大久保駅イ・スヒョン転落事故 20周忌追悼式が行われる

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"中国武漢のナイトクラブ マスク無しで大盛況
新大久保駅イ・スヒョン転落事故 20周忌追悼式が行われる
//valuecommerce //popin //popin amp