2021/02/08 18:17:42

1

エンタメ

【動画】中国で行われているコロナ確認のための「肛門検査」の映像が公開 とんでもない格好で長い綿棒でグリグリ 拷問だと話題に



コロナ 肛門検査

中国の北京を中心に行われているコロナ検査のための肛門検査。

今月初めに北京に入国した人物が空港に到着後、指定のホテルに隔離されたあと強制的に肛門検査の実施の通知を受けたという。その後、肛門検査専門要員が現れ「みんなズボンとパンツをおろすように」と指示。

もちろん若い女性や子供も例外ではなく、みんな一緒にズボンとパンツをおろさなくてはいけなかった。
その後検査要員がひとりひとり肛門を器具を入れるなどして検査していくという。検査が終わるまでズボンとパンツをあげることは出来ない。
当然ならがズボンとパンツを脱いでいるので、肛門だけでなく大事な部分も見られてしまうという恥ずかしさもあるだろう。

さらに驚いたのは、同じホテルで隔離中だった中国人は肛門検査の通知にも特に反応がなかったという点だ。幸い、この人物はは中国駐在韓国大使館に助けを要請して、肛門検査ではなく便の提出検査により肛門検査を免れたという。

そんな中国での肛門検査がどのような格好で行われているのか公開された。中国当局が肛門検査の映像を公開し、全世界の人々を恐怖に陥れた。

2月6日、オンラインメディア「エアライブ」は中国医療当局が撮影した肛門コロナ検査の映像を公開した。
この映像はこのように肛門検査をするという例で、検査されているのは実際の人ではなく、模型人形。

当該映像で医療陣はお尻を出してうつぶせになっている模型人形の前に立ち、通常の綿棒ではなくかなり長い綿棒を模型の肛門に深く入れる。

その後、医療陣は綿棒を約10秒4~5回ほどこすり、肛門から取り出して検査過程を説明した。
映像には、コロナ検査を肛門にする衝撃的な過程が赤裸々に映り、見る人を驚かした。

今回の映像ではズボンは全部脱いでいないが、場合によってはパンツやズボンを全部脱がないといけない。もちろん男女、そして年齢問わずだ。

中国医療当局は現地メディアとのインタビューで「コロナウイルスの痕跡が呼吸器より肛門に長く残っているため、肛門検査が従来の検査より正確だ」と理由を説明した。

実際にこの検査を受けた子供達が検査後にまともに歩けなくなっている映像が公開され話題になっている。

関連:北京で肛門検査された子供達 まともに歩けなくなる


コロナ 肛門検査

コロナ 肛門検査


プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"バーガーキングのワッパーJr.が6個ただで食べれる『FOODNEKO』が凄い!
2014年に引退したWWEの人気レスラーが突如女性になって姿を現す 「これが今の私よ!」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「【動画】中国で行われているコロナ確認のための「肛門検査」の映像が公開 とんでもない格好で長い綿棒でグリグリ 拷問だと話題に」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    内視鏡突っ込むときはワセリンか何か十分塗ってヌルヌルにしていれるけど、これは乾いた状態のものを突っ込むんだろ?
    痛ッテーだろうに。ひどいな。痔だったら死んじゃうぜ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"バーガーキングのワッパーJr.が6個ただで食べれる『FOODNEKO』が凄い!
2014年に引退したWWEの人気レスラーが突如女性になって姿を現す 「これが今の私よ!」
//valuecommerce //popin //popin amp