『ONEXPLAYER 1S(Super Edition)』を9月11日に発売


ONEXPLAYER 1S


株式会社テックワン(東京都渋⾕区、代表取締役︓中林秀仁、以下︓テックワン)は、深センOne-NetbookTechnology社(以下︓One-Netbook社)が開発した、第11世代インテル Core i7-1195G7プロセッサーを採用したWindows10搭載の8.4インチポータブルゲーミングUM(Ultra-Mobile)PC「ONEXPLAYER 1S(Super Edition)国内正規版」を9月11日より日本国内にて17万3800円(税込)で販売開始する。

なお、One-Netbook公式ストアでは本日より予約を開始し、10%OFFクーポンの利用で15万6420円(税込)にて提供。

本製品は、本年7月に発売した本体とゲームコントローラーが⼀体型の画面サイズ8.4インチのゲーミングUMPC「ONEXPLAYER」の新モデルとなる。
CPU に最新の第11世代インテルCore i7-1195G7 プロセッサー、内蔵GPUにインテル Iris Xeグラフィックスを搭載。小型で薄型ながら、発熱を抑え、両⼿に持ってゲームができるサイズを実現。これまで据え置き型のゲーム機や大型ゲーミングPCでしか遊べなかったAAAタイトルをポータブルに楽しむことができる。
搭載している第11世代インテルCore i7-1195G7 プロセッサーは、4コア/8スレッドで、新たにTurboBoost Max 3.0に対応。
これにより、最大クロックはシングルコアが5GHz、4コアでは4.3GHz、GPUは1.4GHzまで引き上げられる。このため、従来機以上にゲームを快適にプレイ可能となる。

アマゾンの通常価格は17万3800円だが先行予約価格は15万6420円となっている。公式サイトのクーポン使用時と同じだ。

【レビュー】One-NetbookのゲーミングPC『ONEXPLAYER』の力は? 昨今流行りつつあるモバイルゲーミングPC


ONEXPLAYER 1S

ONEXPLAYER 1S

ONEXPLAYER 1S

ONEXPLAYER 1S



ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"デジタル庁、デジタル監を務める石倉洋子がPIXTAの画像を購入せず透かしの入った状態で使用し指摘される
KFCが今日からチキンを無料配布開始! いそげー

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"デジタル庁、デジタル監を務める石倉洋子がPIXTAの画像を購入せず透かしの入った状態で使用し指摘される
KFCが今日からチキンを無料配布開始! いそげー
//valuecommerce //popin //popin amp