2021/09/19 00:30:32

0

エンタメ

Netflixの韓国ドラマ『イカゲーム』が話題に 命を賭けたサバイバルゲーム 韓国版カイジ?


イカゲーム


Netflix独占作品として2021年9月17日より『イカゲーム』というタイトルが配信開始された。
これは韓国ドラマとなっており、原題は『オジンオゲーム』。オジンオ(오징어)とはイカという意味で、それを直訳して『イカゲーム』。

何故イカなのか謎だが、トレイラーを見る限り、456億ウォンの賞金をかけてサバイバルゲームをするというドラマのようだ。
しかしそのサバイバルゲームは命を落とす危険な物ばかり。

ようするに韓国版カイジのようなものだ。

1話目は「だるまさんが転んだ」となっており、1シーズンは9話構成。2シーズンの公開は未定だが好評なら継続されるだろう。

全世界190か国で配信されているこの『イカゲーム』日本でも既にNetflix5位と注目を集めているので気になる人はご覧になってみてはどうだろうか。

借金だらけのソン・ギフンがとあることからこのイカゲームに参加することになる。その切っ掛けは地下鉄のホームで出会ったスーツ姿の男性とのメンコ対決だった。相手のメンコをひっくり返すだけで10万ウォン貰えるという勝負。負けるとビンタを食らうだけ、逆にこっちがひっくり返すと10万ウォンというおいしい勝負。
謎の男に更に金儲けできる勝負をしないかといわれ、更に謎のおとこはソン・ギフンの本名や借金額まで全て知っていた。連絡先が書かれた名刺だけ受け取りその場はゲーム参加は保留するが……。

ソン・ギフンはバツイチで幼い娘がいる。実は娘がアメリカに留学してしまうことに。韓国ではお金を持っていると親権を得られるという。娘がアメリカに行ってしまい韓国語を忘れて今後話すことすら出来なくなってしまうのを阻止しそうとするために、謎の男から貰った連絡先に電話することに。

ここからは少し割愛するが、多くの人が謎の施設に集められていたようで、大きな音楽と共に起こされる。バトルロワイヤルを思い出す場面だ。携帯や私物は没収され、組織の人間は○や△の覆面を被って顔を隠している。
集まった人数は456人で、昔懐かしのゲームに参加していくのだ。

最初のだるまさんが転んだも何のギミックがあるわけでもない単純なだるまさんが転んだだ。ただ動いたらアウトでセンサーが感知し動いたことが確認されたら……。単純にだるまさんにバレないように制限時間5分以内にゴールまで辿り着くだけ。焦らなければそんなに難しいゲームではないが、ここで約半数が脱落してしまう。

このように次々とゲームをすることになるが、日本でもお馴染みの「カルメ焼きカタ抜き」「綱引き」という昔なつかしのゲームをやらされるだけ。

韓国でも日本のこういった遊びは統治時代に日本から流れ似たようなルールで遊ばれている。他にもあやとりなども韓国では普通に遊ばれている。ちなみに「だるまさんが転んだ」は韓国語では意味が全く異なり「むくげの花が咲きました(무궁화 꽃이 피었습니다)」という。

日本の文化だらけなので違和感なく見れる作品だ。


コメントする(匿名可)



ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ワンピース100巻達成記念 巨大描き下ろし作品展示と100巻立ち読み図書館オープン
最適なロボットアームとは?

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ワンピース100巻達成記念 巨大描き下ろし作品展示と100巻立ち読み図書館オープン
最適なロボットアームとは?
//valuecommerce //popin //popin amp