中国の山頂にある絶叫テーマパークで事故 命綱が外れるトラブル 「演出映像アル」と説明

tw fv ht gg pk



【簡単に説明すると】
・中国の山頂のテーマパークでトラブル
・命綱がはずれてしまう
・テーマパーク側は「演出映像だ」と言い訳

命綱はずれる

中国の山頂に作られた絶叫テーマパークにてとんでもないトラブルが起きた。

そのテーマパークは今年の5月に編集部でも紹介した中国重慶市にある『重慶 オルドビス紀 テーマパーク(Wansheng Ordovician Theme Park)』。
最先端の乗り物があるわけわけでなく、ガラスの橋や崖のブランコ、原始的なアトラクションが楽しめる。

断崖絶壁でのブランコは高所恐怖症でなくてもたまらないスリルを味わえる。ハイジのブランコを思い出して貰えば良い。

問題のトラブルが起きたのは板の幅が0.8メートルから2.5メートルになっているところをジャンプで飛び越えていくアトラクション。

下が丸見えで手すりもない場所を渡るというとんでもないアトラクションで、その橋をジャンプして渡らないといけない。念のために腰に命綱は付けている。立っているだけでも足が震えて中にはギブアップする人も多いという。

そんな命綱がアトラクションの最中に外れてしまったのだ。客はギリギリ渡り終えたところだったが、仮にも渡っている最中や足を滑らせて落下していたらとんでもない事故になっていたところだ。

このときの動画が中国に拡散し中国のネットユーザーはこのテーマパークを猛批判。
するとテーマパーク側は「マーケティング用の映像で演出だ」と意味不明なコメントを行った。

ネットユーザーはこのコメントに更に激怒し「人の命がマーケティングかよ」、「マーケティングは嘘ってバレバレ」、「仮にマーケティングだとしてもこんな施設使いたく無い」という反応を見せた。

これに対して関係当局は、現在調査を進めており、このようなマーケティングを即刻中断することを要請し、またアトラクションも一時的に中止された。加えて人命被害はなかったと重ねて説明。

5月に記事にした際はテーマパーク関係者側は「全てのアトラクションが100%安全」と発言していたが、どうやら100%安全では無さそうでだ。

マーケティング用にしてはスマホで撮影されており、また客は驚いたように振り向き外れた命綱を持って「何で外れた」と言わんばかりだ。

関連:【動画】中国の山頂にあるテーマパークが世界中のどの遊園地よりもマジ絶叫出来ると話題に!

コメントする

巨大ブランコ

巨大ブランコ

橋渡り

橋渡り

振動

ワイヤー







ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"男性客「あの商品取ってください」 女性店員「はーい」 後ろからセクハラ
図書館から84年前に借りた本が見つかる 脅威の延滞料金が!!!!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"男性客「あの商品取ってください」 女性店員「はーい」 後ろからセクハラ
図書館から84年前に借りた本が見つかる 脅威の延滞料金が!!!!