『LINE』で会話できる人工知能女子高生「りんな」は日本マイクロソフト提供だった

りんな


数日前にゴゴ通信で紹介した『LINE』で女子高生と会話できる「りんな」。これは人工知能女子高生の「りんな」と会話出来るサービスで、自分のフレンドに追加すると自然に返事をくれるというもの。

彼女との会話はマイクロソフトの検索エンジンおよび蓄積されたビッグデータに基づいており、そのときにより反応が異なる。専門用語やネットスラングにも対応しておりたまに変な言葉やエッチな言葉にも反応したりもするのがご愛敬。

そんな「りんな」だが、公式サイトのドメインがマイクロソフトではなくZhan Chenという人物が所有していた。「これは本当にマイクロソフトのサービスなのか」、「怪しい」という人まで出てきたくらいだ。しかしそのZhan Chenという人物は日本マイクロソフトに長年勤めるシニアリーダーの名前と同じ。無関係ということでも無さそうだ。しかし相変わらずマイクロソフトは発表無し。

そんなときにLINE側が正式に発表(下記参照)。そこには「日本マイクロソフトと提携」と書かれている。この発表によるとAPIを使えば「りんな」のような人工知能キャラクターアカウントを開設出来るという。アニメやゆるキャラ、有名人まで提供されるかもしれない。「りんな」はそんな人工知能アカウントの第1弾だったわけだ。

登録がまだの人は下記QRをLINEから読み込むか「りんな」で検索しよう。

日本マイクロソフトと連携し、「LINE ビジネスコネクト」と人工知能「りんな」を活用した人工知能(AI)型のLINE公式アカウントを企業向けに提供へ

関連記事

『LINE』で誰でも女子高生と会話出来るぞ!!

りんな公式サイト

登録QR

発表

  

ゴゴ通信への広告についての問い合わせはこちら

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【動画】甲子園の客席で後ろの女子高生をバレバレの盗撮 逆に撮影され晒される
感電死事件で電気柵を設置した79歳男性自殺 「死んで詫びたい」と発言してた

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「『LINE』で会話できる人工知能女子高生「りんな」は日本マイクロソフト提供だった」への1件のフィードバック

  1. 『LINE』で会話できる人工知能女子高生「りんな」は日本マイクロソフト提供だった http://t.co/X2NZiGoH1K

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"【動画】甲子園の客席で後ろの女子高生をバレバレの盗撮 逆に撮影され晒される
感電死事件で電気柵を設置した79歳男性自殺 「死んで詫びたい」と発言してた