大洪水で自衛隊に救助された人がヘリの中で撮影しツイートし話題に

自衛隊に救助され写真


鬼怒川の堤防決壊により水に囲まれてしまった茨城県常総市石下地区付近の住民が自衛隊に救助され、その場面をスマートフォンで撮影しTwitterに投稿し話題となっている。

この投稿者は救助されヘリの中でスマートフォンで、どんな報道陣でも捉えられないような絵を撮影しネットに公開した。

一部では「写真撮ってるんじゃないよ」と声も挙がっているがほとんどが、この投稿者を心配する声や自衛隊の凄さの投稿である。この投稿者の家は壊滅状態で逃げられない状態だったという。

TBSやテレビ朝日からこの投稿者に取材が来ておりその影響力がうかがえる。市民も記者になりえるという例である。

  

広告についての問い合わせはこちら

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"エヴァの『残酷な天使のテーゼ』の作詞家「エヴァを見たこと無い」
東京五輪エンブレム組織委員会 8月28日のエンブレム選考過程会見で個人ブログからの盗用が発覚

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「大洪水で自衛隊に救助された人がヘリの中で撮影しツイートし話題に」への1件のフィードバック

  1. より:

    こいつ避難指示出てるのに家で4時間仮眠取って逃げ遅れたアホやぞ
    4時間前に被災ボランティア行ってきて自分が被災するとか馬鹿だろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"エヴァの『残酷な天使のテーゼ』の作詞家「エヴァを見たこと無い」
東京五輪エンブレム組織委員会 8月28日のエンブレム選考過程会見で個人ブログからの盗用が発覚
//valuecommerce //popin //popin amp