【ゴゴデジ】AverMediaのキャプチャーデバイス『GC550』をレビュー HDMIパススルー機能で更にゲーム配信向きに

Live Gamer EXTREME GC550


AverMediaと言えばゲームのキャプチャーデバイスをリリースしている台湾のメーカー。日本でも『AVT-C875』や『AVT-C039』などでお馴染みだろう。編集部でもこれらの製品を愛用している。
東京ゲームショウでもMADCATZやYouTubeブースに機材を提供していたメーカーだ。

そんなAverMediaが7月にリリースした製品『Live Gamer EXTREME GC550』を今回は紹介することになった。新製品というわけではないが、東京ゲームショウを切っ掛けにお借りすることになったのでレビューしたい。『Live Gamer EXTREME GC550』はUSB3.0による高速データ転送により、1080p及び60fpsで録画を可能としている。Playstation 4、Xbox Oneなどの最新ゲームのほかにHDMI接続が可能ならiPhoneやiPadの録画も可能。

アプリが一新『RECentral 2』

専用キャプチャーソフトも『RECentral』から一新し『RECentral 2』とバージョンアップ。何より嬉しいのがパススルーに対応していることだ。ゲーム機から入力したものをPC画面で見ると多少遅延が発生するが、テレビモニターに出力すると遅延無しで遊ぶことが可能。格闘ゲームやFPSなどの録画や配信で特に発揮する機能である。パススルーは本機が初というわけでなく同社製品の『AVT-C875』でも可能だった。
ただこの『RECentral 2』は現時点ではWindows10には対応しているものの、OS Xには未対応である。『RECentral』はOS X版があるだけに対応が待ち遠しいユーザーも居るだろう。
RECentral 2

カバーも交換可能

『Live Gamer EXTREME GC550』は上部の蓋を開けてカバーデザインを自由に入れ替えることが可能。そのかわり、『AVT-C875』のときにあった大きなボタンが無くなっている。カバーデザインは付属のカバーデザインソフト『Cover Creator』を使い作成、プリントアウトが可能。好きなゲームをプリントアウトしてカバー画像にしてみてはどうだろうか。『AVT-C875』のウルトラストリートファイターIVモデルとして販売された『AVT-C875-USF4C』のようなことが自由に出来るようになるぞ。
Cover Creator

こちら『Live Gamer EXTREME GC550』は実売価格2万5000円前後で販売されている。ゲーム実況者は必須なアイテムと言って良いだろう。

Live Gamer EXTREME GC550

Live Gamer EXTREME GC550

Live Gamer EXTREME GC550

Live Gamer EXTREME GC550

Live Gamer EXTREME GC550

関連記事

AverMediaがゲーム実況者のために最強のマイクデバイスを発表! スピーカーの音を拾わない?

  

広告についての問い合わせはこちら




プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"Yahoo!で「ががばば」と検索するととんでもない事が起きる!
11月7日に宮崎駅に自動改札が爆誕生! 利用方法のポスターが掲示される

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「【ゴゴデジ】AverMediaのキャプチャーデバイス『GC550』をレビュー HDMIパススルー機能で更にゲーム配信向きに」への1件のフィードバック

  1. @mumei_koubou より:

    » 【ゴゴデジ】AverMediaのキャプチャーデバイス『GC550』をレビュー HDMIパススルー機能で更にゲーム配信向きに https://t.co/R9i9Eujmd1

    最新型のゲームキャプチャーだそうな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"Yahoo!で「ががばば」と検索するととんでもない事が起きる!
11月7日に宮崎駅に自動改札が爆誕生! 利用方法のポスターが掲示される