2015/11/11 23:24:22

0

政治・経済・社会

国連が「女子学生の13%が援助交際を経験している」の発言を撤回 誤解を招くものと認める

マオド・ド・ブーア=ブキッキオ


国連特別報告者のマオド・ド・ブーア=ブキッキオ氏が「女子学生の13%が援助交際を経験している」と記者会見時に発言したことに対して、外務省は「発言は不適当かつ極めて遺憾」だとして撤回の抗議をしていたことが明らかになった。

また13%という数字の根拠を開示すべきとしており、その調査対象も曖昧であるとしている。「13%という数字は公開情報から見つけた概算」だとしている。

菅義偉官房長官は11月11日の記者会見で、マオド・ド・ブーア=ブキッキオ氏から「誤解を招くものだった」という内容の書簡が届いたことを明らかにした。これにより前出の発言は事実上撤回されたこととなる。

動画の該当部分(YouTube)

関連記事

国連が「女子学生の13%が援助交際を経験している」と発言 外務省が「極めて遺憾」と抗議

広告についての問い合わせはこちら




プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"末期癌患者の『スターウォーズ』ファン 夢がかない死去
欅坂46のメンバー原田まゆがキスプリクラ流出で活動辞退

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"末期癌患者の『スターウォーズ』ファン 夢がかない死去
欅坂46のメンバー原田まゆがキスプリクラ流出で活動辞退