2016/03/01 15:56:23

1

政治・経済・社会

認知症の徘徊中に列車事故 遺族が逆転勝訴


名古屋地方裁判所

認知症の男性が徘徊中に列車にはねられ、死亡した事故を巡り、JR東海が家族に損害賠償を求めた訴訟で最高裁判は3月1日、男性の遺族への損害賠償を棄却。JR東海側の請求を退け、遺族側の逆転勝訴となった。

今回の事件では遺族に振替輸送費など費用相当の719万7740円の損害賠償を求め名古屋地方裁判所に提訴した。事故は2007年12月7日に東海道線共和駅の線路に下りて男性が走行してきた列車にはねられ死亡。

  

ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?

gogoad






プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"TBSの公開捜査番組でオレオレ詐欺容疑者の顔を公開 母親が「息子に似てる」として通報し無事逮捕
Parrot社の最新ドローンが日本で発売決定! 25分間の飛行を実現

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「認知症の徘徊中に列車事故 遺族が逆転勝訴」への1件のフィードバック

  1. A より:

    これはやばい。女性裁判官は感情論やなやっぱ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"TBSの公開捜査番組でオレオレ詐欺容疑者の顔を公開 母親が「息子に似てる」として通報し無事逮捕
Parrot社の最新ドローンが日本で発売決定! 25分間の飛行を実現