Operaの元CEOが作った全く新しいブラウザ『Vivaldi』の正式版がリリース



Vivaldi

昨年1月にテクニカルプレビュー版がリリースされた『Vivaldi(ヴィヴァルディ)』というブラウザ。このブラウザはOperaの元CEOが開発に携わっており、高速レンダリングがウリ。

開発初期より日本語には対応しており、ブラウザとしての完成度はかなりたかい。レンダリングエンジンは「Chromium」をカスタマイズした高速レンダリングエンジンが採用。

Windows版、Mac版、Linux版がリリースされておりGoogle Chromeの拡張機能やアプリもそのまま使える。今年2月の時点ではβ2だったが正式版リリースとなった。

Operaといえば、中国企業が買収するという噂も飛び交っており、そうなるまえに移行するブラウザを選んでおいた方が良いかもしれない。

Vivaldiをダウンロード


Vivaldi

Operaの元CEOが開発した『Vivaldi』という新ブラウザが登場 高速レンダリングがウリ
『Opera』を中国企業が買収? そんな今だからこそ『Vivaldi』を使おう

ゴゴ通信の面白い記事をもっと読む


ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"『PS4リモートプレイ』がリリース! WindowsとMacから遠隔でPS4を遊ぶことが可能
幸福の科学の大川隆法が手塚治虫を霊言 手塚治虫の遺族が激怒「壮大なギャグかと思った」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「Operaの元CEOが作った全く新しいブラウザ『Vivaldi』の正式版がリリース」への2件のフィードバック

  1. @_fem50 より:

    » Operaの元CEOが作った全く新しいブラウザ『Vivaldi』の正式版がリリース https://t.co/d292Yx2pvS
    ダウンロードファイル探したら去年の3月のTPが残ってた、ようやく正式か…

  2. 努力は認めるがコレジャナイ。

    Operaの元CEOが作った全く新しいブラウザ『Vivaldi』の正式版がリリース – ゴゴ通信 https://t.co/amorSTEiI8 https://t.co/sSCphXqI2q

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"『PS4リモートプレイ』がリリース! WindowsとMacから遠隔でPS4を遊ぶことが可能
幸福の科学の大川隆法が手塚治虫を霊言 手塚治虫の遺族が激怒「壮大なギャグかと思った」
//valuecommerce //popin //popin amp