焼き肉屋でライス「小・中・大」に加えて「昔話盛り」が存在 「昔話盛り」を注文してみると……



昔話盛り

ある焼き肉店のライスのサイズに小、中、大と「昔話盛り」が存在していると、ツイッター上で話題になっている。聞き慣れないサイズだが、あるツイッターユーザーが意を決して「昔話盛り」を注文したところ、とんでもなく大盛りのライスが登場したという。

ユーザーが投稿した画像を見ると、まるで「日本昔話」に登場するような大盛りライスだ。「昔話盛り」と名付けたのも分かる。

「日本昔話」に登場するご飯は、時には背丈を超えるようなときもある。登場人物がそれをペロンと食べる姿を見ると、実に美味しそうに感じるものだ。日本昔話ではほかにも「急な山を平然と登る」「魚を一口で食べてホネだけをポイ」「声優が2人」「数年サイクルで同じ話を使い回し」などいろいろな“あるある”のあるアニメであった。

今回、話題になった「昔話盛り」のある焼き肉店は、新宿三丁目にある『龍の巣』というお店。訪れた際は是非注文してみよう。



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"お年寄りが線路内に置き石ならぬ置き芋をしたため列車が停止 運転手が芋を撤去
札幌に凄い見づらい看板が登場! みんなはどこまで読める?

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"お年寄りが線路内に置き石ならぬ置き芋をしたため列車が停止 運転手が芋を撤去
札幌に凄い見づらい看板が登場! みんなはどこまで読める?