2016/09/04 07:10:32

3

アニメ

『こち亀』40周年を迎え神田明神で奉納式 作者が衝撃の連載終了を発表



こち亀 奉納式

9月3日に『こちら葛飾区亀有公園前派出所(以下、こち亀)』が40周年を迎えたことで、神田明神にて奉納式が行われた。その奉納式は14時頃から行われ、完全描き下ろしの絵巻が奉納された。作者の秋本治先生も出席し、次の様なコメントを発表。

びっくりさせて申し訳ないです。今日、こんなめでたい席で終わっちゃうのは寂しいかもしれないけど、本当はすごくおめでたいことで、少年誌で漫画が40年続くってことはまずありえないですよね。
やっぱり、少年誌は読んでくれる方がどんどん変わるし、ましてや週刊の方は色んな新しいのを入れながら動くってのが少年誌の王道なので。
そんな場所で40年描かせてもらえたことは本当に嬉しいことなんです。
ましてや200冊まで出してくれたっていう、集英社と週刊少年ジャンプ編集部に作家としては本当にどれだけ頭を下げても足りないぐらいです。
200巻は作家にとって、勲章みたいなものですね。

両さんはお祭りが大好きなんですね。
で、200巻ということで、区切れの200で止めるのが一番こう、ぱっと身を引くのもいいし、40周年でみんなで祝ってもらったときにスッと消える感じがやっぱり両さんらしいし、そしたらこれしかないなということで。
もちろん編集長とかはできるだけ描いてくださいというのもありましたけど、やっぱり両さんの引き際としては、200冊残して40周年で祝ってもらってスッと消えるのがやっぱり一番良い大団円の場かなと思いましてそれで決めました。
これ本当に作家冥利に尽きる話で、もちろんいつまでもずっと描きたい気持ちはもちろんあるし、『こち亀』のネタはまだまだ沢山あります。
でもやっぱり両さんはこれで一区切りつけて、機会があれば時々遊びにいくぐらいはいいかなと思ってます。

突然の連載終了の発表。1976年の連載開始から一度も休載することなく連載されてきた『こち亀』は『週刊少年ジャンプ』の42号9月17日発売をもって終了となる。今後は週刊連載・少年ジャンプの垣根を飛び出すとしており、詳細は同42号にて発表される。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 特装版 40周年記念 (ジャンプコミックス)
こち亀 200巻


200巻

こち亀 奉納式

こち亀 奉納式

こち亀 奉納式

(C)秋本 治・アトリエびーだま/集英社



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"耳に差し込むだけで外国語を通訳してくれる凄いガジェットが登場! 予約受付開始
『PCデポ』社長「社員にノルマは無い」 → 内部の人がノルマ表を公開 売り場の監視もしていた

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「『こち亀』40周年を迎え神田明神で奉納式 作者が衝撃の連載終了を発表」への3件のフィードバック

  1. @rebcojp より:

    » 『こち亀』40周年を迎え神田明神で奉納式 作者が衝撃の連載終了を発表 https://t.co/LPeVpZEXlW

  2. » 『こち亀』40周年を迎え神田明神で奉納式 作者が衝撃の連載終了を発表 https://t.co/ACNBLvz6u1

  3. » 『こち亀』40周年を迎え神田明神で奉納式 作者が衝撃の連載終了を発表 https://t.co/YOTKhTSR1G

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"耳に差し込むだけで外国語を通訳してくれる凄いガジェットが登場! 予約受付開始
『PCデポ』社長「社員にノルマは無い」 → 内部の人がノルマ表を公開 売り場の監視もしていた