2016/11/07 13:03:21

2

政治・経済・社会

5歳の子供が焼死したアート展 700以上の出展社に対してスタッフは20人だけだったことが判明



【簡単に説明すると】
・5歳の子供が焼死した東京デザインウィーク
・700以上の出展社に対しスタッフは20人と判明
・アートやデザイン好きのボランティアもいた

スタッフ20人

11月6日に展示物が炎上しその展示物に閉じ込められた5歳の男の子が焼死した事件で、同アート展にも問題があったのではないかと言う声が挙がっている。展示物を作ったのは日本工業大工学部の学生たちだが、アート展『東京デザインウィーク2016』のスタッフはどれほどいたのだろうか。

編集部が調査したところ、なんと20名しかしないことが判明した。今年の出展数は不明だが2015年時点で772社となっており1社につき1出展ではないのでそれ以上の出展数となる。
これは東京デザインウィーク運営の武井という人物がクラウドファンディングサイト『キャンプファイヤ』に投稿している内容から発覚。

「正直なところ、スタッフの人数が足りません!」と書かれており、「実は、私たちTDWのスタッフは20人しかいません。私自身は、今年学校作品展・Creative Life展・interactive展・TDWソクラテスカフェ・ワークショップを担当しています。結構、いろいろ大変です(笑)」と書かれている。

こんな事故に備えて警備やスタッフの増員はしていたのか? 実はボランティアスタッフが300人程いるようだ。しかし運営スタッフと違いボランティアスタッフはあくまでデザインやアートが好きで無償で近くで見たい人、そしてスタッフ業務もこなしたい人たちである。しかしあくまでボランティアなので責任感があるかと言えばスタッフほどではないだろう。さすがに今回の事故のような火災に遭遇した場合は人を呼んだり、救急車を呼ぶだろうが、メインのスタッフが20人というのは少なすぎるのも問題である。

31年間長い間やってきており本日で最終日となるが、本日7日は「中止とさせて頂きます」とウェブサイトに告知されている。

追記:2016年11月7日 19時30分

2014年の事故は別のイベントでした。
事件概要:2014年4月29日、軽自動車をアクリル板で覆い、その中でエンジンをかけるというもの。現代美術家が中で意識不明になっており窒息死したという事件。

https://camp-fire.jp/projects/view/12069

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"新宿のアート展火事 「LEDだけを使った」は嘘で白熱電球も使っていたことが判明
博多駅前交差点付近で道路が陥没 衝撃でガス管が破裂 けが人は無し

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「5歳の子供が焼死したアート展 700以上の出展社に対してスタッフは20人だけだったことが判明」への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    2014年の事故とはなんですか?

  2. 匿名 より:

    2014年の事故のソース出してください。誤りなら訂正してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"新宿のアート展火事 「LEDだけを使った」は嘘で白熱電球も使っていたことが判明
博多駅前交差点付近で道路が陥没 衝撃でガス管が破裂 けが人は無し