アニメイベントのグッズがランダムのはずが中身が混ざっておらず購入者ブチギレ



【簡単に説明すると】
・アニメグッズが偏りすぎてファン激怒
・その場での交換禁止
・あまり混ざってない?



『B-PROJECT』というMAGES.が手がける日本のバーチャルアイドルプロジェクト。企画・原作は志倉千代丸が行い、スマートフォンゲームやアニメなどでメディアミックスを行っている。

そんな『B-PROJECT』のイベント『LOVE&ART FAMILY MTG 2017  ~HAPPY FLOWER FESTIVAL~』が3月18日と19日に東京ドームシティにて開催された。18日は事前物販のみで19日はメインのステージイベントとなっている。

そのイベントの物販でキーホルダーを購入した人が批判を挙げている。その理由は大量にキーホルダーを購入するも中身が混ざっておらず、すべて同じキャラクターのキーホルダーだったというのだ。1人や2人だったらまだしも同じ現象の人が何人も続出。

この缶バッヂは本来ランダムとなっているが、何故か購入したものが全て同じという現象が相次いでいる。

被った人同士でトレード希望を募っているが、運営Twitterは「会場付近でのグッズトレーディング行為は迷惑となるのでご遠慮ください」と禁止。

同じキャラのグッズが手元に何個も、会場付近での交換も禁止。被ったグッズは結局ネットでトレードされることになった。



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"カラオケ店内で卑猥な行為をしている中学生カップル ほかの客にバレて盗撮される
ビン・ラディンを射殺した米特殊部隊が金正恩を暗殺する訓練に参加 過去最大規模の兵力

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「アニメイベントのグッズがランダムのはずが中身が混ざっておらず購入者ブチギレ」への1件のフィードバック

  1. NNM より:

    高橋名人、また転職かな・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"カラオケ店内で卑猥な行為をしている中学生カップル ほかの客にバレて盗撮される
ビン・ラディンを射殺した米特殊部隊が金正恩を暗殺する訓練に参加 過去最大規模の兵力