サムスンの『GalaxyS8』にWi-Fiに接続出来ない問題が サムスンは「不具合ではない」と説明



【簡単に説明すると】
・GalaxyS8に新たな不具合が
・Wi-Fiルーターに接続出来ない問題
・サムスンは「不具合ではない」と説明



4月18日にリリースしたばかりのサムスンの最新スマートフォン『GalaxyS8』と『GalaxyS8+』に新たな不具合が報告された。

それは5GHzのWi-Fiに接続しようとし、接続ボタンをおしても接続できないというもの。購入者は「ベータテスターかと思った」と嘆いている。

サムスンは『GalaxyS8』に内蔵された消費電力改善機能と特定のWi-Fiルーターの信号がぶつかって起きた問題だとしている。

サムスン広報は「製品の不良ではなく、特定のキャリアのアクセスポイント製品でのみ発生する限られた問題。これらを解決するためにソフトウェア更新プログラムを使用して解決する予定」と述べた。

また先日取り上げたディスプレイが赤くなる問題も引き続き問題となっている。サムスンはカラー最適化設定を調整すれば解決できるとしているが、設定を変更しても端末によっては赤色が残ってしまう。一部では『GalaxyS8』に使用されたAMOLED製造工程上の問題ではないかと言われている。

関連:本日発売の『Galaxy S8』 ディスプレイが赤くなる問題が浮上

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"日差しをカットできる面白いiPhoneグッズが発売 スタンドにもなるぞ
メルカリが現金の出品を禁止 今度は高額チャージ済みのSuicaを出品し新たな現金化

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"日差しをカットできる面白いiPhoneグッズが発売 スタンドにもなるぞ
メルカリが現金の出品を禁止 今度は高額チャージ済みのSuicaを出品し新たな現金化