2017/04/27 08:17:14

0

政治・経済・社会

ホワイトハウスが北朝鮮をテロ支援国指定に検討 北朝鮮の経済制裁まっしぐら



【簡単に説明すると】
・ホワイトハウス高官が北朝鮮をテロ支援国に指定を検討
・核武装、核による挑発が影響
・北朝鮮を助力してきた中国も国家が脅かされている



4月26日、ホワイトハウスは北朝鮮をテロ支援国に再指定案すると検討していることが明らかになった。
北朝鮮の核実験と弾道ミサイル発射などの核による挑発の可能性に備え、警戒態勢を維持している。

ホワイトハウス高官は同日午後、匿名を前提としたブリーフィングで次のような内容を説明。
「米国は北朝鮮をテロ支援国(sponsors of terrorism)リストに載せることを検討している」と述べた。続いて「私たちは、北朝鮮が核実験とミサイル実験を行うことに備え警戒している」と明らかにした。

「北朝鮮の支援者」と名指しされてきた中国は、「今、中国は北朝鮮を国益と安全を脅かす存在と見ている」と述べた。

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"死刑囚の臓器を取り出して違法に販売する国が存在 中には冤罪の人も…… その国とは
北朝鮮の移動式ミサイル発射台が確認される ミサイルの様な物も設置済み

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"死刑囚の臓器を取り出して違法に販売する国が存在 中には冤罪の人も…… その国とは
北朝鮮の移動式ミサイル発射台が確認される ミサイルの様な物も設置済み