2017/05/30 15:16:49

0

エンタメ

Windowsの最新アップデートで謎のウィンドウが一瞬表示される不具合 対策方法は?



【簡単に説明すると】
・WindowsでDOSプロンプトが表示される?
・一瞬ウィンドウが表示されすぐに消える
・対策方法は?

タスクスケジューラ

先日のWindows10のアップデート適応後に不可解な不具合が報告されている。これは編集部でも確認されているもので、Windows使用中に画面中央よりやや左側に黒いDOSプロンプトのようなウィンドウが一瞬表示されるというもの。

ウィンドウは一瞬だけ表示されその後消えてしまうが、これがウィルスではないかなどと混乱を招いた。どうやらバックグラウンドで動作しているものがこのようにDOSプロンプトとして表示されてしまっているようだ。

多いときは1日に数回表示され、かなり気になるこのDOSプロンプト。これは「OfficeBackgroundTaskHandlerRegistration」というものでタスクスケジューラで1時間毎に動作するように管理されている。

これが煩わしい人はタスクスケジューラにて「OfficeBackgroundTaskHandlerRegistration」を「無効」にすれば良い。それにより定期的なDOSプロンプトが表示されなくなる。

マイクロソフトも数日後には修正アップデートを行うだろうが、それまで待てない人は応急措置としてやっておいても良いだろう。
特にキャプチャソフトでウィンドウをキャプチャしている人にとってはこのDOSプロンプトは煩わしいだろう。

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)


タスクスケジューラ



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"リメイク版『ファイナルファンタジー7』開発が難航しぐだぐだ 制作総指揮が変更でスタッフも今更募集
韓国ソウルにできた3万足の靴で作られたキモ過ぎるツリー 早速撤去に

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"リメイク版『ファイナルファンタジー7』開発が難航しぐだぐだ 制作総指揮が変更でスタッフも今更募集
韓国ソウルにできた3万足の靴で作られたキモ過ぎるツリー 早速撤去に