2017/06/13 12:32:07

0

政治・経済・社会

ソウルの大学でテロ 研究室で爆発し教授が負傷



【簡単に説明すると】
・ソウルの大学でテロ?
・研究室前のカバンが突如爆発
・更なる事故に備え特攻隊が捜索

爆発物

13日の8時40分頃、韓国ソウルの延世(ヨンセ)大学機械工学科の研究室で、爆発が起きたと報告された。

この爆発により教授1人が首などに火傷を負い、セブランス病院に搬送。

事故が起きたとき、研究室のドアの前に置かれており、それを研究室内で開けようとしたところ突如爆発したという。また爆発した際に「小さなネジが散乱した」とう証言もあり、何者かが意図的に爆発するように仕組んだとみられている。

爆発物は縦・横20センチサイズの紙箱で、内部に雷管と起爆装置、火薬などがあったことが確認されている。

警察は更なる事故が起きる可能性に備えて特攻隊を投入し、事件現場周辺を捜索し正確な事故原因を調査中。

続報:ソウルの大学でテロ 犯人はマンチェスターテロを見て犯行を思いつき自宅で爆弾を製造

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)


事故現場

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"大阪府警察防犯公式Twitter「500歳くらいの白髪交じりの男が下校中の女児声掛け」
動物愛護団体が「チンパンジーに人間と同じ権利を与えろ!」と訴訟 結果は……

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"大阪府警察防犯公式Twitter「500歳くらいの白髪交じりの男が下校中の女児声掛け」
動物愛護団体が「チンパンジーに人間と同じ権利を与えろ!」と訴訟 結果は……