Onemix3Pro

2017/07/26 08:48:43

1

エンタメ

富士山に42もの偽物の矢印が書かれる! 信じて進むとクレバスに行き危険



【簡単に説明すると】
・富士山に偽ルートを案内する矢印
・信じて進むとクレバスに
・誰が何のために書いたのか?

富士山

今、富士山でとある物が問題となっている。それは42個もの偽物の案内矢印。矢印はスプレー状の物で岩に直説書かれており白い矢印となっている。

通常の山道だけでなく、とても人が通れないような斜面にも等間隔で矢印が書かれている。

矢印は本来正規の登山ルートを示すはずだが、小山町の富士山須走口本7合目付近に書かれている白い矢印は、登山ルートとは別の方向を指している。

矢印が指している先はクレバスとなっており、滑落の恐れもあるという。誰が何のために書いた物なのだろうか。更に矢印を進んで行くと吉田口下山道に向かって行く。

誰がいつ何のために書いた矢印なのだろうか? 矢印が発見されたのは山開き前の6月20日頃。話によると2016年の開山期には無かったことが確認出来る。つまり2016年の閉山期から雪が積もるまでの間に何者かが書いたと推測できる。

文化財のため矢印を塗りつぶしたりと撤去が難しいこの矢印。現在はロープで侵入出来ないようにして対応しているという。
現在過去に落書き除去に使われた溶剤など複数の溶剤を使い除去をするように検討しているという。

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"アリさんマークの引越社に裁判官が痛烈批判するも全く反省せず 復職後の車の使用禁止 自転車と公共機関で引っ越ししろ
中国の電子マネーはかなり凄い 浮浪者の寄付や賽銭までQRコードで支払う時代

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「富士山に42もの偽物の矢印が書かれる! 信じて進むとクレバスに行き危険」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    犯人わかっちゃったんですけど~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"アリさんマークの引越社に裁判官が痛烈批判するも全く反省せず 復職後の車の使用禁止 自転車と公共機関で引っ越ししろ
中国の電子マネーはかなり凄い 浮浪者の寄付や賽銭までQRコードで支払う時代