2017/12/22 17:46:48

0

政治・経済・社会

ウサマビンラディンのPCの中からコナンやバイオハザード、FF7、NARUTOが見つかる! 日本文化大好き?



【簡単に説明すると】
・ウサマ・ビン・ラディンのパソコンのデータをCIAが公開
・コナンやバイオハザード、NARUTOなど日本のゲームが多数
・もちろんアダルト映像も・・・

ウサマ・ビン・ラディン

911テロの首謀者だったウサマ・ビン・ラディンが所有していたパソコンの中に保存されていた動画やゲームデータなどが話題になっている。

11月1日、CIA(米国中央情報局)は47万件もの資料を公開した。この日公開された資料には音声ファイル、7万9000のビデオファイル、1万のアルカイダの手紙、映像、などが含まれていた。

その中でも最も多く検出されたのは動画ファイルで『名探偵コナン(有志による字幕付き)』や『トムとジェリー』による靴下を編む説明動画、そして自身のドキュメンタリー映像『ビン・ラディンを探せ!(2008)』などだった。

動画以外には『バイオハザード』、『ファイナルファンタジー7』、『デビルメイクライ』、『NARUTO』という数々のゲームや『カーズ』や『カンフーパンダ』といったアニメ、そしてスケベ映像などが保存されており、そのリストが公開。
この日の公開された資料は228ページにも及ぶ個人的な日記まであった。

ちなみに『名探偵コナン』は全話ではなく、12話分でそのうち判明しているのは第536話の「消えた名画の秘密」というエピソード。

ウサマ・ビン・ラディンのノート

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"インターネット配信者の横山緑名誉毀損裁判で有罪判決 裁判長「極めて悪質」
グラブルフェスにて将棋倒しの事故! けが人続出で「VR四騎士」の整理券配布中止に

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"インターネット配信者の横山緑名誉毀損裁判で有罪判決 裁判長「極めて悪質」
グラブルフェスにて将棋倒しの事故! けが人続出で「VR四騎士」の整理券配布中止に