2018/02/08 10:04:34

0

動画

【動画】平昌五輪のセキュリティがヤバ過ぎる 学生ボランティアが適当に荷物検査 混雑時は検査すらせずにゲートを通過



【簡単に説明すると】
・平昌五輪のセキュリティがヤバイ
・学生ボランティアが適当に検査
・混雑時は検査すらせずにゲートを通過させる しかも上からの指示

平昌五輪 セキュリティ

明日2月9日に開催が迫っている平昌五輪だが、ノロウィルスの感染者増加やボランティアのボイコットなど開催前からトラブルが続いている。

ここにきてまたも問題になりそうな映像を入手した。

韓国メディアSBSがリハーサルの模様を取材した際、会場内に入る際に本来は客全員を手荷物検査を徹底するように言われていたのだが、人が押し寄せていたため、手荷物検査をせずにゲートを通していたことが判明。
またセキュリティの係も専用の警備員などではなくボランティアの学生が行っていた。

リハーサル2時間前にはセキュリティが行われるように徹底されたが、実際に初めてみると基本的な手荷物検査すらせず客は入場が可能な状態だった。つまり爆弾や危険物を会場内に持ち込み放題な状態だという。

ボランティアの学生たちは「最初はちゃんと検査をしていたが、『人が混んできたからやらなくていい』と上からの指示で言われた」と語った。

また警備会社の従業員もノロウィルスに掛かり麻痺しており、このようなずさんな管理体制は明日の本番でも直りそうになさそうである。

関連:【動画】平昌五輪 会場に入るも余りの寒さに1時間もせずに出る人続出 暖房設備の不備や冷たすぎる椅子など


平昌五輪 セキュリティ



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"平昌五輪 猛威をふるうノロウィルスIOC職員まで感染 1000人以上が同様の症状を訴える
サントリーの『BOSS』を韓国が丸パクリか? 韓国食品メーカー「参考にした事実はない」と主張し奇跡の偶然か?

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"平昌五輪 猛威をふるうノロウィルスIOC職員まで感染 1000人以上が同様の症状を訴える
サントリーの『BOSS』を韓国が丸パクリか? 韓国食品メーカー「参考にした事実はない」と主張し奇跡の偶然か?