衝撃! 45年続いた新宿のカレー店『ボンベイ』が閉店 理由は赤字では無く和食店をやりたいと言う理由にファン騒然(追記)



【簡単に説明すると】
・新宿のカレー屋『ボンベイ』が閉店?
・1973年に開店して45年の歴史
・和食レストランをやりたいために閉店

ボンベイ閉店

新宿西口にある1973年から続くインドカレー屋『ボンベイ』が4月30日に閉店することになった。

半世紀近い歴史を持つ『ボンベイ』に私も何度も足を運んびチーズナンやチキンカレーを食べに行った物である。

新宿東口は『中村屋』、西口は『ボンベイ』というくらい有名な店で、その味のファンはかなり多い。

3月31日にスタッフがツイートし閉店することを発表した。都内でも5本の指に入る程古いインドカレー店だが、その閉店理由は経営悪化や赤字が理由ではなく、インドカレーとは無関係の和食レストランをやるためだという。
この突然の判断に従業員とファンは困惑、そして騒然となっている。

お店の前にも4月30日で閉店するという告知が張り出されており、ボンベイのファンも「なんで閉店するの?」「閉店しないで」「どうにかならないの?」と嘆くツイートが行われている。

残り閉店まで残り30日を切っているため、最後にボンベイに食べに行ってみてはどうだろうか。

追記:2018年4月5日 午後6時20分

エーピー・カンパニー広報に取材したところ、「閉店は事実、ただあの場所は完全閉店という意味です」とのこと。つまり排水設備の老朽化によりあの店舗は使えなくなるため新たに店舗を探しているところだという。店舗は決まり次第告知するとのこと。
またツイートしている人が誰なのか、また和食レストランに関しても一切わからず、本当のことを書いているのか嘘を書いているのかすら不明だという。

和食レストランにする

ボンベイ



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"鹿児島の種子島でGoogleストリートビューカーを追いかけるワンコが話題に! 「なんやあの車、追いかけたろ!」
金融庁『コインチェック』の業者登録容認へ 6日にもマネックスグループの買収と同時に発表

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"鹿児島の種子島でGoogleストリートビューカーを追いかけるワンコが話題に! 「なんやあの車、追いかけたろ!」
金融庁『コインチェック』の業者登録容認へ 6日にもマネックスグループの買収と同時に発表