2018/05/29 21:08:30

0

エンタメ

日大アメフト部反則タックル問題 関東学生連盟が会見 内田前監督と井上前コーチは除名処分



【簡単に説明すると】
・日大アメフト部の反則タックル問題
・関東学生連盟が会見
・内田前監督と井上前コーチは除名処分

処分内容

日大アメフト部反則タックルを巡って、一般社団法人関東学生アメリカンフットボール連盟は5月29日、臨時理事会を開き関係者へ処分を協議。
問題を起こしたのは内田正人前監督と井上奨前コーチの指示によるものと認定し、理事会は両氏に対して最も重い永久追放相当を検討している。

関東学生連盟は同日の21時過ぎより会見を行い詳しい処分内容について語った。

会見前に決定された処分についての資料が配付され、そこには「内田正人前監督 除名」、「井上奨前コーチ 除名」、「森琢ヘッドコーチ 資格剥奪」と記載されていた。

出席者は理事長の柿澤優二氏、監事の寺田昌弘氏、常務理事の前川誠氏、専務理事の森本啓司氏。冒頭では柿澤氏が関係者に謝罪し頭を下げた。

宮川選手については2018年度シーズン終了まで出場資格停止となるが、反省文と面談にて出場停止が解除されるという。

内田前監督と井上前コーチの処罰は除名となるが、まだ承認されていないため社員総会に挙げられ、今後決定される。

内田前監督の指導ぶりをれ文章を読み上げる形で報告。それによると「監督だけで無く理事という立場からいつ辞めさせられるかわからない、地獄のようだった。内田監督が黒と言えば白色も黒になる。それが原因で20名の選手が一度に辞めた」と内田前監督の指導方法が報告された。

<質疑応答>
―― 内田前監督監督は以前の会見で嘘をついていたという判断ですか?
森本 はいそうです。
寺田 除名に関しては社員総会の決議が出るまでは決定じゃないので、口頭で間接的に伝えてあります。

―― 本人の不服申し立ての可能性は?
寺田 あります。いわゆる裁判に当たるところの上訴のようなものです。

―― 井上コーチの処分が重たいという意見は?
森本 ありません。彼は高校の頃に宮川選手と一緒にやっていましたが、内田監督の指示に従うようになり、反則タックルの指示を出した。

―― 今回の処分については全員一致でしょうか?
森本 いえ、20名居て16人が賛成で、4人が反対しました。

―― 今回のプレイがアメフト界に与えた影響とただの反則なのか反則を越えた犯罪なのか。
柿澤 当連盟に「フットボールは危険なスポーツじゃないのか」というクレームが来ていまして、「こんな危険極まりないスポーツやらせたくない」という影響まで出ている。そうじゃなくてコンタクトスポーツなので非常に楽しいスポーツなのでアピールしていく必要がある。フットボールを経験した者ならわかりますがフットボールのタックルではありません。

―― 選手への処分がつけられていますがどのような意図が?
森本 QBに怪我をさせてしまった。それがルールから外れ、やったのは彼本人。どんな圧力があったとしても許されることではない。ただ彼は名前と顔を出して社会的な制裁は受けたのではないかと思い、先ほどの処分にしました。

―― 復帰の可能性は?
森本 あります。

―― 日大側、スポーツ庁側も調査を進めている中、どこよりも早く処分の内容を出したのは?
森本 関西学院大学との試合を主催した責任と義務として処分を発表しました。

―― 処分の効果というのは? ほかの地方に行ったら復帰できてしまうのか。
森本 過去に除名処分はないです。処分とは関東学生連盟内での処分です。

左:専務理事の森本啓司、中央:理事長の柿澤優二氏、右:監事の寺田昌弘

関連:内田前監督について関係者から聴取 「内田が黒と言えば白も黒」「気に障ると突然クビ」「まるで宗教」

※画像はニコニコ動画より

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)

左:専務理事の森本啓司、中央:理事長の柿澤優二氏、右:監事の寺田昌弘



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"日大アメフト部 関東学連が内田前監督と井上前コーチを永久追放
内田前監督について関係者から聴取 「内田が黒と言えば白も黒」「気に障ると突然クビ」「まるで宗教」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"日大アメフト部 関東学連が内田前監督と井上前コーチを永久追放
内田前監督について関係者から聴取 「内田が黒と言えば白も黒」「気に障ると突然クビ」「まるで宗教」