2018/06/06 18:41:45

0

エンタメ

オークションでゴッホやウォーホルなど高級美術品が出品 友達を呼ぶために手を挙げたために落札する羽目に?



【簡単に説明すると】
・フランスでオークションが開催
・ゴッホやウォーホルなど高級美術品が続々
・友達を呼ぶために手をあげた男性が間違えて落札する羽目に?

オークション

6月4日の午後8時、フランスパリのシャンゼリゼ通りの高級住宅街に女性達が集まり、フランスのオークション会社アフキュリーが主催する高価美術品のオークションが行われた。

この日は美術品関係者など多くの関係者が集まり、180あった席は満席となり、50人が立ち状態だった。

この日はゴッホっやゴーギャン、ピカソ、そしてマリリン・モンローで有名なウォーホルなど有名画家の作品57点が予定されていた。

最も関心を集めたのは、20年ぶりにオークションにでてきたゴッホの作品「砂丘で網を修理する女性たち」だった。1882年にオランダのハーグ近くで描かれた油絵作品でゴッホの初期の物。

オークションの予想価格は300万~500万ユーロ(約3億8000万円~6億4000万円)ほど。ゴッホの絵はオークションの14番目に登場し会場はざわめき緊張状態となった。開始価格は200万ユーロ(約2億5000万円)で、現場だけでなく携帯電話からオークションに参加している者もいた。最終的に予想価格の500万ユーロを超え東洋人が560万ユーロで手をあげた。しかしその後携帯電話の参加者が600万ユーロの値を付け落札され現場では拍手が起きた。

オークション主催者は「落札者は税込みで706万5000ユーロを払わないといけない。落札したのはアメリカ人」と語った。終盤に手をあげた東洋人はゴーギャンの肖像画など3点を相次いで購入。

オークションの途中では男性が友達を呼ぼうとして手を挙げたために、参加者に誤解を与えるというハプニングも起きた。男性は「危うく56万ユーロ(約7200万円)が消えるところだった」と語り周囲の人も笑ったという。

この日は全57点が出品され、評価額は2368万5000ユーロ(約29億6000万円)。全てのオークション終了に90分も要しなかった。

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"第2ロッテワールドタワーに無断で登った有名登山家が逮捕 消防車14台と消防士65人が出動
【動画】「ゆるして」虐待で女児がノートに謝罪の言葉 フジのニュースで報道中に島田アナが号泣 励ましの声多数

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"第2ロッテワールドタワーに無断で登った有名登山家が逮捕 消防車14台と消防士65人が出動
【動画】「ゆるして」虐待で女児がノートに謝罪の言葉 フジのニュースで報道中に島田アナが号泣 励ましの声多数