人形の目を入れて魚を新鮮に見せた店主 批判殺到し閉店に追い込まれる



【簡単に説明すると】
・人形の目を入れて魚を新鮮に見せた店主
・客がその魚を買い激怒
・警察の捜査を受けて閉店に

魚に人形の目

9月1日、魚屋が販売している魚を新鮮に見せるために、人形の目を魚につけていたとして批判が殺到。そんな詐欺行為を働いたのは中東クウェートのお店。

魚はある程度鮮度が落ちると目の色が無くなり、まさに“死んだ魚ような目”になる。このクウェートにある魚屋は鮮度が良いと思わせるために、丁度良いサイズの人形の目を魚につけることを思いついた。

写真の魚は、客が魚を購入して帰ってから偽物の目だと気付いたもの。客はこの詐欺に気づき、すぐに警察に通報し、問題の魚屋は地元警察の調査をうけた後に閉店、つまり廃業となった。

ネット上では「確かに怪しい」、「これは完全に詐欺だわ」、「魚の鮮度を目だけで判断したらあかんな」などという反応が見られた。

またネット住民はこの魚屋の目の詐欺をパロディし、コラージュ画像まで大量に作成。人間に人形の目を合成した写真などがSNSで投稿され話題となった。

コラ祭り



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"塚原夫妻が週刊文春に出版差し止め請求 日本体操協会「差し止め請求なんて知らないし出版はご自由に」
中国で5トンの桃を積んだトラックが横転 近隣住民「おっしゃーボーナスステージ!」と強奪開始

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"塚原夫妻が週刊文春に出版差し止め請求 日本体操協会「差し止め請求なんて知らないし出版はご自由に」
中国で5トンの桃を積んだトラックが横転 近隣住民「おっしゃーボーナスステージ!」と強奪開始