2018/10/17 14:06:07

0

政治・経済・社会

サウジアラビア政府を批判した記者「尋問中に手違いで死亡」とされるも実際は生きたまま切断されて死んだ?



【簡単に説明すると】
・サウジアラビア政府を批判した記者が行方不明に
・尋問中に手違いで死亡したと発表
・実際は生きたまま切断された?

ジャマル・カショギ

サウジアラビア政府を批判してきた同国籍のジャーナリスト、ジャマル・カショギが、トルコのイスタンブールのサウジ総領事館入館後に行方不明になり、15日になりサウジ政府が尋問中に手違いで死亡させたと報告。

当初は拷問されたと報じられるも、一転して「尋問中に手違いで死亡」と死亡経緯が異なり、また本日の報道では拷問中に生きたまま切断とイギリスメディア報じた。
拷問時の音声を聞いたとされるイギリスメディアは謎の薬物を投与されその後に叫び声をあげたという。

生きたまま切断された記者は7分間生きていたがその後死亡したという。

詳しく知る人物は「カショギは、テーブルの上で生きたまま切断され、7分で死亡した」と語る。尋問中に手違いで死亡という報告とはことなる。

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"慶応大学生が19歳女性に性的暴行で逮捕 ミスター慶応に出場した過去も 過去の写真や実家まで発掘される
Youtubeが1時間半もダウンする 極めて稀なこと

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"慶応大学生が19歳女性に性的暴行で逮捕 ミスター慶応に出場した過去も 過去の写真や実家まで発掘される
Youtubeが1時間半もダウンする 極めて稀なこと