2018/11/24 01:01:59

0

エンタメ

癌闘病中の11歳の生徒 教室で他の生徒から離され1人ぼっちでテストも受けれず 教師「感染すると思った」



【簡単に説明すると】
・癌闘病中の11歳の少年が他の生徒から隔離される
・教師「感染すると思った」
・ネットで批判殺到

隔離された生徒

中国福建省の小学校に通う、癌闘病中の11歳の生徒がほかの生徒から離され1人ぼっちで授業を受けさせられていたことがわかった。

昨年リンパに悪性腫瘍が発生する非ホジキンリンパ腫になったと診断を受け、それでも授業を放棄せずに治療と同時に学校に通った。

1年近く抗がん剤治療により、医師から「かなり良くなった」という診断を受け、9月には中間考査期間が過ぎるも、まともな成績表を持ってこない息子を不審に思った父親がどうなっているのか追究したところ驚くべき事実が判明した。

少年の言語科目担当教師が、癌が感染するかもしれないからと、ほかの子供と離して教室の後ろに少年を隔離してしまったのだ。このせいで少年は試験を受けることができなかった。少年は親が心配すると思いこの事実を伝えなかった。

少年の父親は「私の息子は、試験時間45分の間、教室の一番後ろの席にただ一人で座っている必要がありました」とし「どれだけ悲しい状況だっただろうか」と怒りをぶちまけた。

その事実が報じられるとSNSでその教師を批判する声が挙がりネットユーザーは「病気の生徒に気を遣うことすらできないのか」、「教師の資格無し」と投稿された。

問題の学校側は「状況を解決するために努力している。問題の担当教師と他の子供たちの親などと一緒に真相を究明するために調査中」と明らかにした。

※隔離の意味は「外部との遮断」だけでなく交流を断つという意味もある。



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"生きてる牛に火を付けて楽しむお祭りがスペインで開催され動物虐待だと非難殺到
人気配信者syamu_gameが復活か? Yahoo!リアルタイム検索でも1位独走 「シバターを恨む」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"生きてる牛に火を付けて楽しむお祭りがスペインで開催され動物虐待だと非難殺到
人気配信者syamu_gameが復活か? Yahoo!リアルタイム検索でも1位独走 「シバターを恨む」