フジ『めざましテレビ』で炎上特集 → 「炎上の意味間違えてる」と番組が炎上



【簡単に説明すると】
・『めざましテレビ』で炎上特集
・炎上の意味をことごとく間違える
・ネットでは指摘が相次ぐ

炎上

2018年12月19日に放送された『めざましテレビ(フジテレビ)』の「ココ調」のコーナーで炎上特集が行われた。
先日の『M-1グランプリ2018』後のとろサーモン久保田を例に出し街で聞いた炎上事件を聞いていくというもの。

とろサーモン久保田の炎上事件までは良かったものの、紹介する炎上がことごとく「炎上」ではなくTwitterでは「意味明らかに間違ってる」、「ただの失敗談じゃん」、「フジテレビさん、炎上の意味間違ってません?」という意見が投稿された。

その内容とは、酒の飲み過ぎで娘に物を買ってあげると言っちゃうものの翌日に忘れる、日焼けを止めるために母のファンデーションを間違って使ってしまった、舞台やっている人が声がしゃがれて炎上という炎上というよりも失敗談。

炎上と言われるものは、友だちに40万円貸して逃げられたお年寄りの話と、Twitterのフォロワーと食事に行ったら相手に逃げられお金が払えずにピンチになった話くらいだろうか。


めざましテレビ 炎上



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【動画】アマゾンAlexaを使いオウムがアイスクリームやレーズン、凧や電球を次々に衝動買いしてしまう珍事
元徴用工1100人が日本企業ではなく韓国政府に損害賠償請求 日本からは取れないとやっと気付く

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"【動画】アマゾンAlexaを使いオウムがアイスクリームやレーズン、凧や電球を次々に衝動買いしてしまう珍事
元徴用工1100人が日本企業ではなく韓国政府に損害賠償請求 日本からは取れないとやっと気付く