犬と思って育てたら巨大な狼だった! これもうモンスターだろ



【簡単に説明すると】
・犬と思って育てたら巨大な狼だった
・シベリアンハスキーやシェパードよりも巨大になる
・現在狼は血液癌を患っている

Yuki

動物シェルターで飼っていた犬が実は狼だったことが明らかになった。

大型犬でYukiと名付けられ、2008年に生後8ヶ月の状態でフロリダ州ネープルズに保護された。当時の飼い主は健康上の理由からYukiを育てることが出来ず、動物シェルターが預かることになった。

ところが、Yukiはとんでもない速度で成長し、またシベリアンハスキーとシェパードの血も混ざっており、それらの同じ大型犬シベリアンハスキーやシェパードよりも大きくなった。

しかしYukiは非常にフレンドリーで大人しく、ボランティアたちとも楽しく遊んでいた。2008年からYukiと一緒に過ごしてきたボランティアのブリタニー・アレンはInstagramにYukiの写真を公開。

それを観たネットユーザーはその大きすぎるYukiの写真に驚いた。

残念ながらYukiは現在血液癌を患っており、シェルター側がYukiのために募金を行っている。



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【動画】町田市で人が刺される瞬間を目撃しそれを偶然撮影 Twitterに投稿したろころフェイクでないかと疑われる(追記)
【動画】町田市で人が刺される瞬間を目撃しそれを偶然撮影 やっぱりフェイクだった 業務妨害になるか?(追記)

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「犬と思って育てたら巨大な狼だった! これもうモンスターだろ」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    >Yuki
    何か日本とご縁があるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"【動画】町田市で人が刺される瞬間を目撃しそれを偶然撮影 Twitterに投稿したろころフェイクでないかと疑われる(追記)
【動画】町田市で人が刺される瞬間を目撃しそれを偶然撮影 やっぱりフェイクだった 業務妨害になるか?(追記)