『水曜日のダウンタウン』プロデューサー 3月31日に拉致して新元号を予想させ「令和」が出たら解放する



【簡単に説明すると】
・水曜日のダウンタウンが新規格
・芸人を3月31日に拉致して新元号を予想させる
・「令和」が出たら解放

藤井健太郎

『水曜日のダウンタウン』のプロデューサーである藤井健太郎氏が3月31日の深夜に拉致し関東某所に軟禁。その上で新元号をひたすら予想してもらい「令和」が出たら解放するという企画を行うと言う。

これは2019年4月3日に放送された『水曜日のダウンタウン』の予告でも告知されており、また既にロケは行われていることになる。

過去に鉄塔ゲームの拉致場面が問題となり第2弾がお蔵入りとなってしまったが、それに似た感じで新元号を予想するまで帰れないという企画を行うようだ。



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【動画】アパートのベランダで1万匹のミツバチを養蜂 住民が苦情言うも「被害を与えていない」と開き直る
【動画】徴用工の写真 またも韓国人ではなく戦後に撮影された日本人だったと発覚!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"【動画】アパートのベランダで1万匹のミツバチを養蜂 住民が苦情言うも「被害を与えていない」と開き直る
【動画】徴用工の写真 またも韓国人ではなく戦後に撮影された日本人だったと発覚!