2019/05/03 16:04:39

2

エンタメ

ブルーボトルコーヒー1号店が韓国ソウルにオープン コンセントやWi-Fiが無く批判される



【簡単に説明すると】
・韓国にブルーボトルコーヒー1号店がオープン
・オープン前日から列ができ、開店時にには200人の列が
・コンセントもWi-Fiが無いと不満

ブルーボトルコーヒー

日本でも数年前に話題になったブルーボトルコーヒーが5月3日に韓国に1号店がオープンした。

ソウル城東区聖水洞にオープンしたブルーボトルコーヒー1号店には多くの客が集まりオープン前日の深夜から列ができる程だ。
朝の8時にオープンした際には既に200人の列が出来ており、朝9時には400人と長蛇の列。

ブルーボトルコーヒーはスターバックスとは異なりエスプレッソマシンで作るのでは無く、ハンドドリップ方式で珈琲をいれる。そのため200人や400人の客を捌くのに大変な時間が掛かるという。

例えば注文してから飲むまで長くて15分と他店に比べると何倍も待ち時間が長い。

またコーヒーの味に集中してほしいためにコンセントやWi-Fiが無いのも特徴という(日本は一部店舗にWi-Fi環境あり)。タブレットやスマートフォン、ノートパソコンを持ち込んで長時間過ごすよりコーヒーを集中して飲んでほしいという店のコンセプトのようだ。

しかしこれが受け入れられず、韓国で批判が相次いで居る。

日本ではあまり話題にならなくなってしまったブルーボトルコーヒー。韓国はコーヒー屋が異常に多く競合もあるが、その中に食い込むことが出来るだろうか?

関連:ブルーボトルコーヒー2号店が青山にオープン 意識飛ぶ系の人たちが深夜の0時半から行列作る!


ブルーボトルコーヒー

ブルーボトルコーヒー

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"アメリカのカリフォルニア州が5月4日を「スターウォーズの日」に正式指定
医療事故で一生目や口が閉じられなくなった女性 寝るときは?

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「ブルーボトルコーヒー1号店が韓国ソウルにオープン コンセントやWi-Fiが無く批判される」への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    ドリップに時間がかかるなら、時間つぶしにWi-Fiは欲しいな
    だけどそれをすると長時間居座られるってね

  2. 匿名 より:

    韓国のスタバは糞甘かった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"アメリカのカリフォルニア州が5月4日を「スターウォーズの日」に正式指定
医療事故で一生目や口が閉じられなくなった女性 寝るときは?