究極のネットブック『OneMix2s』と『OneMix3』を日本国内で発表! 『OneMix3』は更にパワフルに



【簡単に説明すると】
・究極のネットブック『OneMix2s』と『OneMix3』を国内で発表
・中国、深センのメーカー、ONE-NETBOOK Technology社が都内で発表会
・日本限定モデルも

OneMix

究極のネットブックである『OneMix2s』と『OneMix3』をONE-NETBOOK Technology社が5月22日に都内で発表した。

『OneMix2s』と『OneMix3』は重さが約500グラムのネットブック。動画編集やゲーム向けではなく文章起こしなどに適した機種。

『OneMix2s』はOSはWindows10が搭載しておりCPUは第8世代のCore M3-8100Y、メモリは8GBでストレージは256GBとなっている。

本体には指紋認証、360度回転するディスプレイ、10点マルチタッチなどタブレット端末としても使用可能。

『OneMix2s』はすでに中国で発売されていたが、日本国内で正式に5月31日より発売が開始される。予約受付は5月23日より開始。

色はシルバーほかに日本国内限定のさくらピンクEditionが6月下旬にリリースされる。参考価格は9万5000円でペンも付属となる。

国内代理店は株式会社テックワンが行い、この日の発表会にも、中林秀仁代表が「小さなネットブックを見て衝撃をうけた。これを尖ったユーザーだけに使って欲しくない。安心して使って欲しい」と述べた。またダイレクト販売限定ではストレージが512GBの「Koi Edition」とCore i7搭載の「Palatium Edition」も販売する。

■更にパワフルな『OneMix3』も発表

同時に発表された『OneMix3』についても述べられ、こちらは8.4インチのスリムベゼルとなり解像度は2560×1600のRetinaとなる。
筆圧感知も倍の4096段階となり、パフォーマンスについてもCore i7や16GBのメモリ搭載となる。こちら『OneMix3』の日本での発売は7月下旬を予定している。

<『OneMix2s』の仕様>
OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core m3-8100Y
RAM:8GB
ストレージ:256GB
ディスプレイ:7インチ、1920×1200(10点マルチタッチ)
バッテリー:6500mAh
重量:515グラム


OneMix2s

OneMix3

OneMix2s

OneMix3

『OneMix2s』、『OneMix3』発表会

カバンにすっぽり

横から

横から



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ガンで死亡した少年の慰霊碑に放尿した男性 市民が大激怒
HUAWEIに続き、中国の監視カメラメーカーも取引停止を検討 その他の中国企業も追加される?

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ガンで死亡した少年の慰霊碑に放尿した男性 市民が大激怒
HUAWEIに続き、中国の監視カメラメーカーも取引停止を検討 その他の中国企業も追加される?