2019/06/14 19:28:19

0

エンタメ

おもちゃショーで「データイーストmini」「ナムコmini」が展示される 熱すぎる!



【簡単に説明すると】
・おもちゃショーが開催
・ナムコminiとデータイーストminiが展示
・20種類と34種類のゲームが内蔵

MyArcade

2019年6月13日~6月16日まで東京ビッグサイトで開催されている「東京おもちゃショー2019」。

取材に行ってきた編集部が現地のレポートをお届けするぞ。

■MyArcadeシリーズが熱い

インフォレンズ株式会社のブースに展示されていた、MyArcadeというゲーム機。これは昨今流行っている小さなゲーム機のようなもので、ナムコやデータ―ストのアーケードゲーム筐体を小さくして復刻したもの。

パックマンやディグダグ、ギャラガ、マッピーなどが手の平サイズで遊ぶことが可能だ。賛嘆電池4本で稼働、もしくはmicroUSB端子での電源供給となる。

本体のモニターは2.75インチのフルカラースクリーンで、上スティック部分は取り外し可能で十字キーとしても使用可能。
音量調整やイヤホンジャックもついている。

■「ナムコmini」と「データイーストmini」

このブースの中で一番熱かったのが、ナムコのゲームが20種類搭載された『レトロアーケードLL<ナムコミュージアム>』と、34種類のデータイーストのゲームが搭載された『レトロアーケードLL<データイーストクラシック>』だ。筐体は他機種よりも豪華になっており、4.25インチディスプレイで筐体も大きくなっている。

こちら2つの商品は2019年末に発売予定。

■手の平サイズのポケットプレイヤーも

また手の平サイズのハンディ型のゲーム機『ポケットプレイヤー』シリーズも展示されており、ギャラガ、ギャラクシアン、ゼビウスの3種が入った物がが7月に発売、ディズダグ、ディズダグ2、ドルアーガの塔が入った物が8月に発売となっている。

関連:おもちゃショーで『メガドライブmini』の実機を触る メガCDminiも構想中?


MyArcade

MyArcade

MyArcade



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"青と緑のボールが実は同じ色だった? 錯覚画像が凄いと話題に
発売直前に日本語対応が消えた『A Plague Tale: Innocence』がようやく再度日本語に対応!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"青と緑のボールが実は同じ色だった? 錯覚画像が凄いと話題に
発売直前に日本語対応が消えた『A Plague Tale: Innocence』がようやく再度日本語に対応!