2019/07/30 11:43:32

0

エンタメ

韓国のお菓子「セウカン」が韓国産エビの使用を中止しアメリカン産に 安全上を理由に



セウカン

韓国の食品メーカーである農心(ノンシン)が自社の商品「セウカン」に使用している韓国産エビを安全上の問題を理由に使用を中止することを発表した。

48年間原料として使ってきた韓国群山(クンサン)近海でとれたサクラエビをアメリカ産エビに切り替えると決定し、漁民らが大きな被害を被ると懸念が出ている。

農心は年間1700トンに達するサクラエビを消費しており、その内60%~70%に相当する1000トンを群山から供給してきた。

農心は、エビの原料に不適切な廃プラスチックなどの様々な廃棄物混入が増え、群山サクラエビの使用を中止することにした。

「セウカン」と言えば日本の「かっぱえびせん(カルビー)」の類似食品で、韓国では当然のように売られている。パッケージも非常に似ており1971年に発売が開始された(かっぱえびせんは1964年)。

ソース

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ロナウドの韓国試合で欠場騒動 集団訴訟に発展 払い戻し可能なのか
付録が凄いと話題の「幼稚園」 今度はセブン銀行のATMを再現

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ロナウドの韓国試合で欠場騒動 集団訴訟に発展 払い戻し可能なのか
付録が凄いと話題の「幼稚園」 今度はセブン銀行のATMを再現