ディズニーがツイッターを買収しようとしてたことが発覚 利用者が下品過ぎるために断念





ウォルト・ディズニーが2017年にSNSサービス『Twitter』を買収しようとしていたことが発覚した。

ウォルト・ディズニー・カンパニーの最高経営責任者(CEO)のボブ・アイガーは、「2017年にTwitterの買収計画があった・Twitterは拡散力が強く、ディズニーが買収すれば組織の近代化となると考えた」と述べた。

ところがディズニーが買収をしなかったのは何故だろうか? ボブ・アイガーがTwitterの買収を断念した理由として「買収した際に負うべき責任が大きかった」と説明した。そして何よりも「Twitter利用者が想像以上に下品だった」と打ち明けた。

もし買収が実現していたならば、Twitterはどのようなサービスに変化してただろうか。



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"世界最大の請願サイトで韓国が「東京五輪に旭日旗禁止」運動 2万人が賛同 「アジア人を苦しめたハーケンクロイツだ」
【動画】女性運転手が駐車場に駐める際にメジャーで車幅を測る

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"世界最大の請願サイトで韓国が「東京五輪に旭日旗禁止」運動 2万人が賛同 「アジア人を苦しめたハーケンクロイツだ」
【動画】女性運転手が駐車場に駐める際にメジャーで車幅を測る