2020/03/10 18:42:30

0

エンタメ

娘を盗撮された母親 犯人をボコボコにして警察に突き出す



盗撮犯逮捕

メキシコにて14歳の少女が盗撮され、その盗撮行為を母親が目撃し犯人をとっ捕まえるという事件が起きた。メキシコの中部グアナフアト州セラヤのマーケットにてつい最近起きた事件だ。

母親は14歳の娘をつれてマーケットに買い物に来た。いろんな商品の棚を見ていると振り返った際に偶然スマートフォンを持っている男性を目撃した。

マーケットでスマートフォンを持っている人は多いが、この男性のスマートフォンの持ち方と姿勢が異常で、更にレンズは娘の方向を向いていた、。いわゆる盗撮だ。

母親は男性のところに向かって男性の胸ぐらを掴み、もう片方の手で男性の後頭部を掴んだ。すると母親は警察のように取り調べを開始した。母親は名前や職業を尋ねだしたのだ。

男性は働いている場所を答えるも母親は握っていた手に力を加えると男性は詳細な仕事内容まで答えた。男性に名前を言う様に尋ねると、男性は自分の名前を答えた。

母親は「変態行為がしたくて生まれてきたの?」と聞き、男性は警察が到着するまで抵抗できずにいた。警察が確認したところ、男性のスマートフォンには子供の女性を撮影した盗撮写真が多数保存されていた。また中には男の子の写真もあったという。男性は緊急逮捕された。

事件は娘が撮影した動画を、母親がSNSに投稿し世間に広まった。

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"イタリアが高度警戒レベルに引き揚げ 国民全員の移動を禁止のレッドゾーン指定 破ったら罰金
中国を擁護しまくりのWHOのテドロス・アダノム事務局長を辞任させる請願に45万が賛同

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"イタリアが高度警戒レベルに引き揚げ 国民全員の移動を禁止のレッドゾーン指定 破ったら罰金
中国を擁護しまくりのWHOのテドロス・アダノム事務局長を辞任させる請願に45万が賛同