2020/05/25 17:11:28

0

政治・経済・社会

武漢研究所がコロナの出所? 武漢研究所長が初めてメディアに回答し否定する



武漢研究所長

新型コロナウィルスが中国武漢にあるウィルス研究所から流出したという噂が絶えず、それに対して研究所長がはじめて疑惑を否定した。

中国武漢ウイルス研究所の王所長は24日、中国国営の英語媒体であるCGTN(※1)のインタビューで、実験室からウイルスが流出し、新型コロナウィルスが大流行しパンデミックが始まったという主張に対し、「完全な捏造だ」と一蹴した。 王所長が直接マスコミに登場し、流出説を否定したのは今回が初めてだ。

続けて「われわれは昨年12月30日、このウイルスのサンプルに初めて接し、研究を通じて新型コロナウィルスであることを知った」とし「以前は接触したことも、研究したことも、保管したこともない」と主張した。

※1 中国中央電視台のグローバル版

ソース

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ホリエモン新党ができる 代表は立花孝志!
検察庁の前で黒川基準のテンピン麻雀大会「黒川杯」が開催予定 やばい前例を作ってしまったのでは?

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ホリエモン新党ができる 代表は立花孝志!
検察庁の前で黒川基準のテンピン麻雀大会「黒川杯」が開催予定 やばい前例を作ってしまったのでは?