ドワンゴが「投げ銭」を商標登録 「独占する意図はなく自由に使っても良い」



投げ銭

株式会社ドワンゴが「投げ銭」の商標を申請し7月21日に受領されたことがわかった。

ただドワンゴはこの「投げ銭」の商標に関しては「害意のある第三者が本商標を取得して本商標の用語の使用を制限することを防止することならびに、今後本商標の用語を用いるにあたり第三者の商標登録の有無について調査費用等の負担が発生しないようにする」としており、ドワンゴは独占する意図はなく、一般の方々が本商標の用語を適正に使用、また制限したり、使用料等を請求することはないという。

記事やブログ、SNSで「投げ銭」という用語を用いることは当然商標権の対象とならないという。

商標「投げ銭」の権利取得に関するお知らせ

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"7月中旬に石田純一を福岡に仕事名目で誘ったのはパワーストーン販売会社だった
中国 家主が立ち退かないため嫌がらせしてその周りを囲む様に道路を作ってしまう

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"7月中旬に石田純一を福岡に仕事名目で誘ったのはパワーストーン販売会社だった
中国 家主が立ち退かないため嫌がらせしてその周りを囲む様に道路を作ってしまう