Xiaomi 10周年のスマホ『Mi 10 Ultra』が日本製部品が無くなり中国製に



Mi 10 Ultra

Xiaomiが10周年を記念して発売したスマートフォン『Mi 10 Ultra』に意外な事実が発覚した。

これまで部品に韓国製や日本製の部品が使われてきたが、『Mi 10 Ultra』の部品は韓国や日本製の部品が無くなり、すべて中国製の部品となった。

ディスプレイ、カメラセンサー、指紋センサーなどの全て中国の部品である。ディスプレイはTCLグループ傘下の6.67インチOLEDを使用し、カメラは中国オムニビジョン製のCMOSセンサー、指紋は中国ディックス製となっている。

これまではディスプレイはサムスン、カメラはソニーを使用してきており、また1億画素CMOSもサムスンのものを採用してきた。

今回採用された中国のディスプレイはリフレッシュレートが120Hzとなっている。

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"旅館の料理が多すぎるとTwitterで拡散 田端信太郎「請け負った炎上マーケティング」とツイート → 嘘でした
PC版『Horizon』アップデートでセーブデータ全消去のトラブル Steamに報告が相次ぐ

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"旅館の料理が多すぎるとTwitterで拡散 田端信太郎「請け負った炎上マーケティング」とツイート → 嘘でした
PC版『Horizon』アップデートでセーブデータ全消去のトラブル Steamに報告が相次ぐ