5.4インチの『iPhone12』の名称は『iPhone12 mini』 シリコンケースのシールで名称発覚



iPhone12 シリコンケースのシール

10月に発売されると噂になっているアップルの新スマートフォン。

例年であれば9月の発表会で発表されるはずだが、今年は少しずれて10月の発表となるようだ。先週行われた発表会では『AppleWatch SE』、『Apple Watch Series 6』、『iPad』、『iPad Air』のみだった。

気になる『iPhone12』の発表時期は10月13日になるのではないかと言われている。そして予約開始がその週の金曜日である10月16日から行われるという。

『iPhone12』シリーズの名称について、アップル純正シリコンケースのシールが流出し具体的な名前が判明した。

5.4インチの最も小さいモデルは『iPhone12 mini』となるようだ。そのほかの名称は『iPhone12 Pro』、『iPhone12 Pro Max』と変わらず。

画像には3種類の名称しか映っていないが実際は4つのモデルの『iPhone12』がリリースされるという。

『iPhone12 mini』に至っては本体サイズが『iPhone SE(第二世代)』よりも小さくなることも分かっている。

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"使用済みのコンドーム34万個 茹でた後に乾燥して再販売していたことが発覚
10月に発表される『iPhone12』 指紋認証の「TouchID」が復活有力

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"使用済みのコンドーム34万個 茹でた後に乾燥して再販売していたことが発覚
10月に発表される『iPhone12』 指紋認証の「TouchID」が復活有力