10月に発表される『iPhone12』 指紋認証の「TouchID」が復活有力



TouchID

10月に発表される予定の『iPhone12』シリーズだが、側面電源ボタンに指紋認証が再び搭載される可能性が高まった。

iPhoneの指紋認証である「TouchID」は『iPhone5s』で初めて搭載され『iPhone6s』より認証速度がアップされた第二世代の「TouchID」となった。

ロックの解除以外にアプリの購入、最初のログインなど様々なものに活用できる指紋認証。

しかし『iPhone 8』シリーズと今年発売された『iPhone SE(第二世代)』で搭載されてはいるものの、アップルは認証方式を「FaceID」に切り替えた。

顔認識の「FaceID」は顔を認識してロックの解除やアプリのダウンロードなどを行うもの。しかし新型コロナウィルスの影響でマスクを着けることが多くなり、外ではパスワードが要求されることが多くなり逆に煩わしくなった「FaceID」。

指紋認証の復活を希望する声が高まったものの、そこに『iPhone12』シリーズに次世代指紋認証が搭載される可能性が高まった。

ホームボタンが無くなったためどこで指紋認証をするのか? Androidスマートフォンのような画面内指紋認証を採用するのかと重いきやコストを下げるため電源部分指紋認証を採用するようだ。
実際に電源部分指紋認証の方が認識が早く効率が良かったりする。先日発表された『iPadAir』も同様の電源部分指紋認証を採用。
ただ「FaceID」も継続して併用するようで、そのため画面のノッチも小さくなるものの残るようだ。

アップルはこのほかにも音声認識や手を画面にかざす手認識、網膜認識などを研究していたようだが、指紋認証に落ち着いたようだ。

関連:5.4インチの『iPhone12』の名称は『iPhone12 mini』 シリコンケースのシールで名称発覚
関連:『iPhone12』10月13日に発表か? 値段は749ドルから

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"5.4インチの『iPhone12』の名称は『iPhone12 mini』 シリコンケースのシールで名称発覚
「携帯電話が新型コロナウィルスに感染している」と嘘をつき140万円詐取未遂 男性2人が逮捕

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"5.4インチの『iPhone12』の名称は『iPhone12 mini』 シリコンケースのシールで名称発覚
「携帯電話が新型コロナウィルスに感染している」と嘘をつき140万円詐取未遂 男性2人が逮捕