【動画】『マリオカート ライブホームサーキット』 ARの究極系ゲームだわ



マリオカート ライブホームサーキット

スーパーマリオ35周年のニンテンドーダイレクトで突如発表された『マリオカート ライブホームサーキット』。

マリオカートを現実の世界で走らせてみようという面白い試みのゲーム。カメラ越しで見るとライバルカートやアイテム、コイン、アイテムボックスなどが見えるというもの。

部屋の中がたちまちコースになる夢のようなゲームだ。

2020年10月16日『マリオカート ライブホームサーキット』が発売された。朝になり届いたので早速開封してみると、意外と箱が大きい。カート本体の寸法ではなく、ゲート類で箱が大きくなっているようだ。

カートはARを認識するためのカメラがついており、まだ右側に四角い電源ボタン、側面にはUSB Type-C充電ポートがある。

ゲームソフトそのものはNintendo eShopで無料でダウンロードできる。『マリオカート ライブホームサーキット』を持っていない人もダウンロードできるが、ダウンロードしたとこで意味はない。

ゲームを起動するとNintendo Switch本体とカートのペアリングが始まる。ペアリングは実に簡単でゲーム画面に表示されたQRコードをラジコンのカメラで読み込ませるだけ。一度QRを読み込ませてペアリングさせれば次回以降はカートの電源をいれるだけで自動的に接続してくれる。逆にソフトを終了するとカートの電源もオフになる。

そのごゲートを1つ作り気軽にテスト走行が可能。アクセル、ブレーキ、バックなどの操作のほかにアイテムの使い方をこのときに学べる。
はたから見ると遅く感じるが画面越しだとそこそこ速度が出ている。速度は50cc、100ccと選べる。

コース作りがこのゲームの肝で、4つのゲートを立てて順番に通過した軌跡がそのままコースとなる。リアルタイムで画面の右上にコースレイアウトが描かれていくのがわかり、今どんな形のコースになっているのか把握可能。簡単な楕円形のコースから複雑なコースまで思い通りだ。

このゲームの凄いところはマリオカートをいかにリアルに再現したかだ。アイテムのキノコを使えば実際にブーストし、ライバルから甲羅などで攻撃を受ければその場で停止する。一番ビックリしたのがキラーで、スティック操作なしでコースを勝手に走ってくれるのだ。

同じ家のコースでも水中コースなどに変化しいつもの家とは違った雰囲気で楽しめる。

しかしいかんせん広い場所を必要とするこのゲーム。6畳以上と書かれているが、6畳だとギリギリってところだろうか。10畳~12畳あれば余裕をもってコースレイアウトできそうだ。もちろん家具や部屋の配置や形にもよるだろう。

任天堂のARシリーズ、今回の『マリオカートライブホームサーキット』に終わらずほかの作品にも期待したいところだ。

実際に開封からちょっとしたプレイ動画を公開したのでご覧になってほしい。

マリオカート ライブホームサーキット

マリオカート ライブホームサーキット

マリオカート ライブホームサーキット

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"華原朋美が緊急入院 家族がYouTubeの動画を見て危険だと思い入院させる
迷惑系ユーチューバーへずまりゅう 首里城の寄せ書き落書きでも捜査が進み逮捕秒読み

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"華原朋美が緊急入院 家族がYouTubeの動画を見て危険だと思い入院させる
迷惑系ユーチューバーへずまりゅう 首里城の寄せ書き落書きでも捜査が進み逮捕秒読み