2020/12/01 12:55:30

0

政治・経済・社会

アルゼンチン捜査当局 マラドーナの死は主治医を医療ミスと断定し捜査



マラドーナ

心臓麻痺で死亡したサッカー界のヒーロー、ディエゴ・マラドーナが心不全により亡くなり、その原因としてマラドーナの主治医による医療ミスではないと言われている。

マラドーナの主治医は、11月3日に脳硬膜下血が溜まる硬膜下血腫で脳の手術を担当した。
当時の手術を執刀した神経専門のケアは「手術が正常に進行され、正常だった」と語った。

マラドーナは、手術8日目の11日、退院してブエノスアイレス近郊ティグレの家で回復、しかし25日正午頃、突然の心臓発作を起こして死亡した。

心臓発作当時、主治医はマラドーナの家におらず、家にいた看護師が当日マラドーナの生前の姿を最後に見たことが確認された。

今回のこの心臓発作の原因が主治医の医療ミスによるものだとしており、警察がブエノスアイレスのマラドーナ主治医宅と診療室を家宅捜索した。

25日にマラドーナが心臓発作による心不全で死亡したことに医療過失があったかどうかを調べるため、捜査当局は医療記録やパソコン、携帯電話などを捜索したという。

検察は特にマラドーナが、脳の手術後の自宅で治療受けながら回復する過程で異常な点がなかったか、主治医がマラドーナの状態をどれほど頻繁に調べたかなどを調べているという。

アルゼンチンではマラドーナの死を受けて3日間喪に服した。

関連:棺桶に入ったマラドーナの遺体と記念写真をパシャ! → 約束された大炎上


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"韓国メディア「イギリス国営メディアBBCが中国パオサイとキムチは別って言ったぞ! はい終結大勝利」
中国が新型コロナウィルスの感染者・死亡者数を少なく発表していたと内部告発 CNNが発表

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"韓国メディア「イギリス国営メディアBBCが中国パオサイとキムチは別って言ったぞ! はい終結大勝利」
中国が新型コロナウィルスの感染者・死亡者数を少なく発表していたと内部告発 CNNが発表