Googleで2020年最も多く検索された人物は誰? 意外な人物が2位に 日本は三浦春馬や志村けんが上位



金正恩

Googleで2020年に最も多く検索された人物は誰だろうか? 25日、Googleが「検索で振り返る 2020」の人物分野を公開した。

1位は次期大統領のジョー・バイデン、そして2位は金正恩だった。4月に健康異常説が浮上し1か月以上姿を見せず、その後も影武者だと囁かれ検索数が伸びたのだという。実際に金正恩の検索が最も多くされたのは4月26日~5月2日に集中しているという。

このときはCNNまで健康問題を取り上げていた。

人物分野の3位はボリス・ジョンソン、4位はカマラ・ハリス、5位はトム・ハンクスとなっている。

日本独自のGoogleだと1位は三浦春馬、2位は竹内結子、3位は志村けん、4位、渡部建となっている。

検索で振り返る 2020


ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"殺人鬼になって残酷に処刑をライブ配信してお金を稼ぐゲームが登場
アンジャッシュ児島「渡部とは本当に仲悪かった」と告白 活動再開も未定

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"殺人鬼になって残酷に処刑をライブ配信してお金を稼ぐゲームが登場
アンジャッシュ児島「渡部とは本当に仲悪かった」と告白 活動再開も未定
//valuecommerce //popin //popin amp